仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
大学のサーバーにホームページを設置しておりましたが、更新の頻度を早めるために一部移設しました。
一般の方々に研究内容を紹介していきたいと思います。
ご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。
●ご意見、問い合わせなどはメールもしくはカテゴリ「皆様のコメント」をご利用下さい。
●「日本脳炎、デング熱、西ナイル熱の血清学的診断」をクリックすると「簡単な説明」や「検査の受託」の情報を知ることが出来ます。
●「西ナイルウイルスについて」をクリックすると、西ナイル熱の記述が有ります。
●「食べるワクチン」をクリックすると将来のワクチンの話があります。
●堅い話ばかりだとつまらないので、「写真のページ」を追加しました。コメント可能です。

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.09.22 Friday

さあマツダが動き始めた

日本でマツダは内燃機関に拘る自動車会社の最右翼だ

世間の流れがハイブリッド、燃料電池、蓄電池などグリーン化しているのに頑なに内燃機関に拘るマツダは興味深い

かつてはロータリーエンジンという、すこぶる悪燃費のエンジンを世に出した

そして、しばらくはおとなしかったものの、高圧縮比のガソリンエンジンや低圧縮比のディーゼルエンジンを開発

さらに高圧縮比のガソリンエンジンを成功させた

これは最終形かと思いきや、ロータリーを再び復活させた

今度は発電機のエンジンとしてだ

シリーズハイブリッドシステム、つまり何らかの発電機で電力を駆動モーターと蓄電池に供給しながら走行するというもの

同社はイクステンデッドEVと呼ぶ

同様のシステムはすでに日産自動車が製品化している

2030年をめどに同社はすべての車種に電動システムを導入する


2017.09.22 Friday

3列シートのSUVアリやナシや?

マツダという自動車会社は面白い
どの車種をとってもおんなじデザイン
遠くから見ると一番安いデミオにも見えるしアテンザにも見える
エンブレムを見てから何かわかる(VWもそうだけど:)

さて、おんなじデザインだけかと思ってたら、多人数乗車可能な箱バンもあればMPVもある
でもこれは過去のことで、仲間はずれの車種は最近絶版となった
自分としてはどちらの仲間はずれもオリジナリティがあって気に入っていたのに残念である
絶版時に大安売りでもしたのか最近よく目につく:)

実は、日本人は箱バンが好きなのだ
なのに敢えて箱バンをやめたマツダは面白い

かくいう自分も箱バンを二台乗り継いでいる
1台目はミツビシ、今はトヨタだ
さすがに飽きて別のタイプにしようと考えているが:)

さてさて、表題のSUVであるが
今は世界的にSUVが流行ってる
猫も杓子もSUV
馬鹿の一つ覚えみたいに
だから、マツダの全車種はSUVか準SUVだ

しかし、箱バンが流行ってることも事実だ

だからマツダは今の車種を真ん中で3-40センチ伸ばした長いSUVを作って、そこに座席をもう一列加えた3列タイプを作った

やたら長い
今の駐車場事情や道路事情を完全に無視
回転半径も大きくなった
幅もある
そんな図体で日本の住宅街走れるの?って感じ

今僕が乗ってる箱バンは三列8人乗りだが5ナンバー
日本の狭い住宅街も苦もなく走れるしすれ違いだって大丈夫
ウチの狭い車庫でもバッチリ入る
トヨタは好きなメーカーではないが、そういう車作りは嫌いじゃない

今、ほとんどのメーカーが5ナンバーサイズを捨てようとしている
スズキのスイフトですら3ナンバーになった
スバルは見た目小さいのに全車種3ナンバーだ

外車だけどミニクーパーもビックーパーだ

2017.09.18 Monday

トヨタから新しいハイブリッド車

アクアという名称.プリウスより小型軽量で、値段も30万円安い170万円程度.何と言っても注目すべきはリッター40キロという燃費である.

先日、レンタカーで使って見たら、郊外を100キロメートル弱走行して5リットル弱のガソリン消費であった(鼻笑)

ノーマルの日産ノートでもリッター20くらい走るので、トヨタのHV大したことない


先日、マツダからノーマルでリッター30キロ走る小型ガソリン車デミオが発表された.また、軽自動車で同値を出したモデルも発表された.

値段が高いハイブリッドは不利な立場に追い込まれたが、アクアはどうだろうか.マツダのリッター30キロカーは約140万だから30万高い.

リッターあたり10キロの差.年間一万キロ走ったとして、アクアの消費燃料は年間250リットル、一方デミオは333リットルで年間の差が83リットル、リッター140円なら年間12000円のお得.

30万円の差をペイできるのは25年後だ.10年で買い替えるなら損という事になる.

仮に、リッター50キロで走るヴィッツクラスのHVが150万くらいででれば、10万円の差額をリッターあたり20kmの好燃費で凌駕できるかもしれない.年間133リットル(18620円)節約すれば、五年強でペイできる.車体は小さくなるけどね.

そのうち、トヨタもマツダと同じようなエンジンを開発して、HVの燃費を一律向上させることも考えられる.

がんばれ自動車会社、目指せリッター100キロ.

そんなこんなしているうちに、化石燃料で走るクルマは絶滅するかもしれない.

2017.09.10 Sunday

ともかく、正面切っての戦争はない(希望的観測)

相変わらず口が減らない北朝ですが、戦争は起こるのでしょうか?

常識的に考えて、可也低い、確率は

でもゼロじゃない

米国と中国やロシアのような大国同士だったら、絶対無いでしょう、昔ならともかく、今はねえ

有るか無いかわからない小さい、国とも認められていないようなところだったら

クリントンがやったみたいに有るかもしれない

砂漠の嵐

あの時、北朝を潰すオプションがあったのに、アメリカは選ばなかった

かつての朝鮮戦争の記憶を彷彿とさせたのでしょうか?

でも、今だったら、限定的なことはできるかもしれない

まずは、韓国攻撃ラインを壊滅させつつ、ミサイル発射装置をしらみつぶしに破壊、航空基地や港の破壊

中国やロシアに逃げるためのトンネルを破壊、強力なサイバー攻撃をかけた上でインターネット等通信網を遮断、軍事施設や装置は見つけ次第破壊、海外の資産は全て凍結、貿易ライン遮断・・・

擁護している中露にいいふくめる時期に来ているんじゃないかな

2017.09.09 Saturday

クリーン動力が将来も普及しない

日本でのハイブリッド車の普及率は目覚しいものがある

トヨタとホンダの努力の賜物?

否、もしそうなら欧米でも同じように普及していなければならない

やはり、日本人には優越感みたいな感覚があるのだろう

だから、ドイツ車を中心とする外車もある程度売れる

国産でもレクサスやインフィニティなども同じ理由で売れる

ハイブリッドは燃費が良い、しかし値段は高い

ノンハイブリッドとハイブリッドの差額を燃費で取り返すには十何万キロ走らないといけない現実がある

数万キロで買い替える人はいつまでたってもペイできない

それでも買う理由は、車の後ろについてるハイブリッドのエンブレム

つまり優越感のようなもので相殺している

2030年になってもHV、PHV、EVの普及が伸びないという予測がある

クリーン動力は化石燃料の消費と二酸化炭素等の排出を抑えるという意味・理由で普及してもらいたい

しかし、一割ほどの見栄っ張りにしか受け入れられないのであれば困ったものだ

値段の差をなくしてしまえば皆クリーンな方を買う

これからは従来動力システムを搭載する車に燃費や排ガスのディスアドバンテージな部分にペナルティ課税をしていけばいい

トヨタは2050には内燃機関そのものがなくなると予測しています

それにもかかわらず、まだ新しいエンジンを開発しているのも事実

マツダは次の新エンジンの燃費をリッター50キロと見込んでいます

おそらく他のメーカーも次はそこら辺に落ち着くのでは?

各社はクリーンディーゼルの旗の下、新たなディーゼルエンジンを開発した.

しかし、排ガス不正が発覚して総崩れのような状態になってしまった

あの事件がなければ、もっと売れてたことは確かだ

実際、検査台の上で測定したのと走行して測定したのとでは大なり小なり乖離があるようだ

日本政府は今回の事件を受けて、2022年から走行中の測定を採用するようだ

まあ、その頃には乗用車のディーゼルは可成り下火になっていると思うが

これまでにない躍進があれば別だが

貨物やバス、特殊車両だけでしょうね

続きを読む >>
2017.09.08 Friday

いっぺーまーさん
『すば(沖縄そば)』

ふと思い立って書き残した「沖縄そば食べ歩記」です.忘れてしまわないうちに、メモ代わりに.

まるみつ食堂
2017初夏

写真を撮っていないのですが、2017に入ってみたすばやです
場所は名護市ですが、例の辺野古の近くです
329沿い
息子が「中味そば」
嫁が「ゆしどうふ」
僕は「ヒージャーそば」(900円だったかな?)
全部美味しいです
麺は三角屋
久しぶりの「ヒージャー」身に沁みます
くさい〜:)
チーイリチャーも有りましたよ:)
さすが北部

沖縄そば まるやす
2017/9/8

国道329、中城泊の信号側にあるバラックが気になってた.

まるやす外側

いつ迄経ってもつぶれない「沖縄そば まるやす」
幟に自家製麺、生麺・・・・気になる
2017・9、意を決して入ってみました

そばを中心に色々なメニューがありますが、選んだのは「アーサそば小450円」と「テビチ200円」

まるやす外側

アオサと「ゆし豆腐」、錦糸卵が丼を三色に彩って美しい
スープに強烈な鰹感はありません
あっさりしたスープ
麺が面白い
僕の苦手な生麺です:)
でも、ここの生麺はいけます
妙なブリブリ感がありません



アオサの風味がいいです
ゆし豆腐が胃に優しい
ご飯はランチ時間のサービス
テビチ(200円)を食べてみました
上手に炊けてました
玉屋のテビチに比べると濃厚、油っぽい

後から入ってきたおジイが「特大」を注文、負けた〜〜;;)


うまさん堂
2017/8
うるま市にあるパーラーのようなお店で、全体的に黄色いバラック.
中部病院に行く途中にある怪しい食堂で、気になっていました.
うまさん堂外
いつ迄経ってもつぶれないのは何か訳があると思い、先日(2017・8)入ってみました.
建物があれだけに、トイレの匂いが少ししますが、店中漫画の本がいっぱい.
結構落ち着きます.
さて、何が食べられるのか、店の壁にはメニューが・・・・
うまさん堂中
特に「すば」専門店というわけではなく、定番のランチメニューがあります
今回はベタな「そばセット650円」を注文
そばにライスとチキンカツがつきます.
出されてから驚いてしまいました
普通、セット物はそれぞれがミニサイズ
この店のセットはそれぞれレギュラーサイズでした
注文するときは要注意です
うまさん堂そばセット
これで650円というお値段
安かろう不味かろうという言葉がありますが、決してそんなことありません
まず「そば」ですが、麺は多分「照喜名製麺」で、軟骨ソーキ、カマボコ、タマゴ焼きがトッピング、スープは強烈な鰹というわけではなく、濁りのないサッパリ味.
チキンは揚げたてでジューシー、美味しい.
若い人にはオススメですが、年配の人にはキツイかも:)


玉屋@中城PA
2015/7/30
沖縄自動車道の中城PAで玉屋のそばが食べられるという話を聞いていたので、名護に行くついでに寄って見ました.本店にはないセットメニューがあり、大東寿司(三個)とそばのセットを食べてみました.ほぼ同じスープで、麺も亀浜麺、三枚肉が二枚、かまぼこ一枚がトッピングされていました.フーチバもたくさん用意されていましたよ.名護方面に向かう人でそばが食べたくなったら、ここがオススメです.大東寿司も甘酸っぱい酢飯で美味しかった.売店には寿司だけも販売されているので、たくさん食べたい人は、こちらがオススメ.

市販の麺/琉宮麺
沖縄では家庭で沖縄そばを作ることも多いのですが、お店のそばと比べると些か劣ります.麺の中で「亀浜麺」が一番好きなのですが、販売している小売店は少ない.知っているところでは、市民生協のスーパーで見かけたことがあります.亀浜に近い麺としては「サン食品の琉宮麺」があり、多くのスーパーで見かけることができます.同じ会社だと思うけど「首里そば」という麺もあります.「照喜名そば」の麺もまあまあうまいと思います.

くんじゃんそば/野菜そば
2015.4.吉日
名護名桜大学で講義を行った後、昼めしに中山そばと思って出向いたら改装のため閉店.
仕方がないので今帰仁あたりで山羊汁でも食べようかと向かうも店を見つけられず、じゃあウニ丼でもと古宇利島に初めて渡りましたが、ウニのシーズンはまだでした.
島を一周してから屋我地島を通って沖縄島に戻り、北上.
大盛りで有名な前田食堂はパスして、結局国頭まで来てしまいました.
くんじゃん(国頭)そば店で野菜そばを食べましたが、さすがにヤンバルは大盛りです.
そばはうまいのですが、量が多い.
お腹が満ちてから、もう少し北上して右折、林道を島の東側へ、東村の北側、安波(あは)に出て、安波節の歌碑で記念撮影.
安波から東村を通過して宜野座方面へ、途中あちこちのダムを愛で、沖縄工業高等専門学校に寄って、宜野座ICから高速に乗り帰宅しました.

那覇市首里鳥堀/首里そば
2015.2.吉日

もう1年近く、新しい店を開拓していなかった

職場からモノレール首里駅までのバスが試験的に運行しているので、那覇市内への出張のときに試しに乗ってみましたが、ガラガラ、多分二人しか乗ってない.
こりゃ、打ち切りになるなと思いました.

帰りに、モノレールを降りて鳥堀周辺で昼食を済ますことに....

今まで幾度となく私の入店を拒み続けてきた店を目指す.

県外からの観光客に絶大なる人気を博している「首里そば」、その店である.

いつも行列ができているか定休日.

でも評価はナンバーワンである.

その評価を確かめるために、今回は意を決して列に並びました.

首里そば

鳥堀の交差点から城向けに入って、左の筋を入り咲元酒造の前を通って最初を右に曲がると店はある

行列ができているが、ほとんど待つことなく席に着くことができた

テーブルが幾つかとカウンター席

メニューは「そば大中小」「ジューシー」「おにぎり」「煮付け」

人気の「煮付け」はすでに売り切れており、中とジューシーを注文

トッピングは棒かまぼこスライス三枚と三枚肉煮付け二枚、小口切りした葉ネギ、針生姜

本来ならかまぼこは二枚、肉は三枚肉と赤身のコンビネーションのはず

スープは程よい鰹、昆布?、豚?、塩控えめとシンプルで好印象

そして麺は亀浜麺にそっくり・・・・

であるが、硬い、今までにない硬さ

自分には許容できるが、食べ慣れている県民には硬すぎる硬さでしょう
特に、年配、幼児には硬すぎる

パキパキである
博多ラーメンの「バリ硬」好きにはいいかもしれない

小麦のほのかな香りが鼻に抜けるのはいい感じ

しまぶく、きしもと、さくら屋などの県民に浸透したそばとは対極の新ジャンルである
自分は嫌いじゃない

この硬さのおかげで、最後まで麺が伸びたとは感じなかった

面白いのは麺の太さと厚みは亀浜とほぼ同じであるが、きしめんやほうとうのような幅の広いのがわずかに混ぜてあって手打ち感を演出している

残念だったのは、茹で方である

硬さはいいとしても、麺の表面にぬめりが残っているのはいただけなかった
客が多くて大変とはいえ、トッピングのコンビネーションや麺のぬめりは気になった

対して、昔からの店では、どんなに混雑していても、いつもミリ単位で同じである(大袈裟か?)
しかし、これは大事なことである

大里の玉屋も人気店であるが、客でごった返している時は偶に麺の茹で加減が狂うし、やはりぬめりが感じられることがある.

麺が絶妙に茹でられ、スープを汚していない時は、ああ旨いと感じられる.

亀浜系の麺は表面の状態がとても重要であることが再確認できた.

日本蕎麦を自分で打つことがあるが、茹で時間が45秒から60秒で、麺をほぼ一回ですくい上げ、冷水にさらす.
粗熱が取れたら冷水中で麺を切らないようにゴシゴシ洗って表面のぬめりを取り、2回ぐらい濯いで、氷水で締めて食べる.

硬い麺にしようとして茹で時間を30秒にすると、麺は未だ生で歯ぬかりしてうまくない.
また、麺の洗いを怠ると、ヌルヌルで口当たりと喉越しが悪い.

そういう点で、亀浜系の麺は日本蕎麦にどこか似ているところがある.

まあナンバーワンというのはどうかと思うが、面白い沖縄そばだと思いました.

そうそう、ジューシーですが、麺に負けないくらい硬く炊かれており、おこげも入ってるせいで顎がいささか疲れました😃



2012.4 某日
名護新山食堂
てびちそばを食す.
以前のような感動はなかった

名護「玉家」
名護にも進出か?!
なんと北部麺(幅広ビロビロ麺)と亀浜麺の何れかをチョイス
ユシ豆腐そば有り
定食!!有り
なんじゃこれは
で、北部麺でテビチそばを食べた
やはり亀浜麺でしょう
スープ、本店とやや違う.
駐車スペースはあるが店は狭い
結構繁盛していた

名護中山そば
どこかに書いたかもしれないが、見つからないので・・・

この店、私が沖縄に住み始めた頃(三十年以上前)から見ていた古い店

ここ二・三年、本部方面に行くときは入ってる

自家製麺であるが、特に他と違うという感じはない

スープは昆布出汁が効いている

ジューシーは具沢山で特に昆布がたくさん入ってた😃

この店、いつもガラガラ

別に不味いわけじゃない、むしろ旨いそばを出すのに不思議だ

名護・本部・渡久地 石くびり
多分以前に書いたが、時々入るのでもう一度
ぶれない、いつも同じの旨いそばを出す
煮付け定食がお勧め

名護・本部・渡久地 山原そば
此処も鳥堀の首里そばと同様に県外観光客の人気店
ほとんどが観光客
でも、不味いわけじゃない
普通にうまい、好き
煮付けたソーキを炙ってから麺に乗せてたと思う
店内の壁に昔の写真がいっぱい貼られていて面白い
駐車スペースがあったら、また入ろうという感じ

名護市役所近く 宮里そば
大店舗、駐車スペース多し
そば以外にカレーやモーニングメニューもあり
そばは普通にうまい

名護市街 八重食堂
飲み屋通りに位置する
パーキングなし
丼に茹でたそばと、ヤカンに入った熱々のスープが別々に出てきて、客が合体させる唯一の店
薄いあっさりスープ
北部麺
普通にうまい

名護本部渡久地 きしもと
店小さい
パーキングなし
一人が厨房、一人が店内
おばあが切り盛りしているので、よろしくお願いしないと、怖い
ジューシーがあじくーたー(味が濃い)
そばは自家製麺で北部麺タイプ
スープは色・味ともに濃いめ
普通にうまい

観光客が独占してしまうので、地元民が入れないのはかわいそう
表がいっぱいなので、地元の人が裏の庭からテレビのある座敷に入ってくることがある

なので、県道(そば街道)沿いに大きな2号店ができている
駐車スペースも広いので県外の観光客には便利

元の店の近くには「沖縄ぜんざい」の人気店があるが、別にどこで食べても同じ
沖縄ぜんざいは沖縄ぜんざいである

沖縄市古謝(くじゃと読む)/むかいや

2012.1某日

いつも店の前を通っているが、一度も入ったことが無い.

理由は店構えが怪しい.

もう一つ、そばとギョウザの店と謳っている点も怪しい.

しかし、友人(料理人)の薦めもあり騙されたつもりで入店.

店内は外見に反して洒落た木調の内装で、ジャズが流れていそうな感じ.

この日は夫婦二人で切り盛りしているようだった.

御二人の身なりもカフェ風で旦那は頭にバンダナ、奥様は洒落たエプロンでかわいい.

客あたりも親切.

客層はおしゃれな奥様二人とナイチャーらしい男性グループ.

店の前にある駐車スペースには「わ」ナンバーが一台.

少し離れた場所にもパーキング用原っぱがあり充分な駐車スペースを確保している.

一人で入っても居辛くない感じであるが、カウンター席の隅っこに座ってランチメニューで一番高いCセットを注文.

麺は生らしく、時間がかかる.

トロトロ軟骨ソーキ二切れは麺の上には無く別皿でだされる.麺の上には卵焼き二切れとウチナーかまぼこ一切れ、細ネギ小口切り、針ショウガがトッピングされている.他にギョウザ、ジューシー、サラダ、イムクジ天ぷら(紅芋を澱粉と共に練って揚げたもの)がつく.

麺は生麺風だ.一般の生麺と変わりない.スープは鰹と豚で、淡い.香りも店内が匂う程キツくない.全体的にバランスのとれた旨い水準以上のソバだと思う.

ジューシーは然程味は濃くなく、アッサリめ.ソーキは軟骨部分がトロトロになるまで煮込まれ、しっかり味がついている.イムクジ天ぷらは胃もたれもせず旨い.

特記すべきは、ほかのそば屋には無いギョウザである.しかも本格的な水餃子.良く出来ていると思う.

金武/やかそば

2012.1.2

金武の観音寺に初詣に行ったついでよった.昔はパーラー風だったのかもしれないが、今はプレハブで駐車場も広い.やはり、山羊(ひーじゃーと読む)そばを食べた.中城より旨いと思った.麺は平打やんばる麺.

中城店は潰れたようだ.店構えが古民家で面白かっただけにザンネン.

西原/ちょーでぇーぐぁ

前回は未だオープンしてなくて、与那原あがり浜の「川」でやむなく食べたが,やっとオープンしたさー

8/7、平和の礎にお参りに行くついでに寄った.

国道329小那覇交差点から西原交差点向け800m左側、黒い建物.店内、駐車スペースともに広く、テーブル以外に子連れ用畳席もある.

ピカピカの新築だ

ココの麺は「生麺」

何店舗かのそばのお陰で、すっかり生麺嫌いになった私は、先ずは試しということで寄った

食券方式

生麺なんだけど、上等(手打ち)と普通(機械打ち)の二種類ある.

どう違うかは説明されていない

全体に説明不足

フーチバーそばはフーチバーが練り込まれているのか、生の葉がいっぱい乗っかっているのかわからん

豆腐そばも然り

テビチそばは無い(残念)

とりあえず、機械打生麺とろとろソーキを食べてみた

量は少なめだから、腹に隙間がある人は「小」を注文したらガッカリするハズ

生麺だから時間がかかる(しかたない)

きたー

まず、見た目

トロトロソーキがガッツリ乗っかっている訳ではない

針ショウガがチョンとのっている

かまぼこ二枚

葉ネギの小口切り

シンプル、多少物足りなさを感じた

スープをすする

今まですすったそばのスープの中で5本の指に入る出来映え

カツオが前面に押し出す感じではなく、たんすいのように超淡い感じとも全然違う

どちらかというと、昆布カツオの順番で来る

塩も絶妙

そして問題の麺だ

これは今までの生麺と次元が違う

これならいい、好きになれる

もちもち、しこしこ、すべすべ、なんてしていないし

生麺なので、麺の表面はぬるぬるがあるけど我慢できるギリギリ

歯ごたえはパキパキ、ノド越しがよく、角が立っている

亀浜製麺所の麺に出せないパキパキ感と歯ごたえを持っているが、ノド越しとスープの絡み、小麦粉のいい香りは亀浜麺が勝っている

もう少し粗挽きの小麦粉を使えばいいのかもしれない

日本蕎麦のゴールデンルールはパキパキで、噛んだ時に歯にくっ付くヌカリが無く、表面が微妙にザラついて、飲み込んだ時にノドを擦る感じがあり、蕎麦のいい香りが鼻に抜けて、甘みを感じることだが

沖縄そばにもそのような感触が望まれる.

麺喰いのための麺だ

ただ、もたついているとヌメリが出てきてしまう

店の中がオープンの仕立てのため、蘭の花がそこらじゅうにあって臭かった

アレが無くなり,そばと出汁の香りが染み付けばグット

全体的評価でベスト10間違い無し

2012.1某日

手打生麺を試す.

一般の生麺だ.

確かにモチモチ感はあるが、自分的には機械打の方がいい感じ.

一週間後、機械打で口直し.

やはり機械打が好みだ.

あがり浜/川
2週間あけて二回訪れた.
二種類の麺が選べる.
最初はちぢれ麺.
一瞬、もしやここは「みつくら製麺」の麺を使っているのでは?!
でも、普通の麺であった
二回目は細麺を選択.
まぎれも無く「亀浜」だ!

そして、そばの種類はいろいろあるが、一回目は普通
二回目は「テビチ」とじゅーしーのセット.

スープは「玉家」系だ.少しアッサリ気味.

この辺りで迷ったら「川」の細麺に決定.

佐敷/佐敷そば
与那原から佐敷周辺はそば不毛地帯だ.
選択肢が無い.

とうとう、佐敷そばに入ってしまった.

大店舗のチェーン店スタイル.
安い、セットメニューが多い.
ソバは2種類.
スープはカツオ出汁も入った普通のタイプ.
ソーキそばにジューシーのセット(佐敷そば)を注文.
本ソーキが二つ.
上手に煮込まれていた.
本当はフーチバそばが食べたかったのだが、ヨモギの葉っぱが品切れ?
可もなく不可もなく50点.

西原町東浜/みつくら製麺所

あがり浜の北の端、工場や倉庫が建ち並ぶところにある.
製麺所直営らしい.
5種類の麺から選べる.
ちぢれ麺を選んで、ゆし豆腐そばにしてもらう.
軟骨そーき、三枚肉、わかめがトッピング.
わかめの香りはゆし豆腐に合わない.
やはりフーチバーだろう.
すーぷはカツオと動物系
麺は機械で縮れさせてある
そのために、茹でたときのぬるぬるが残ってしまう
ハズレだ
つぎは別の麺に挑戦してみよう

特徴は安い😃

佐敷/てぃーらぐわ

港の直ぐ近く(南城市佐敷新開1-314)にある小さなソバ屋さん

店内は狭く、十六席.

駐車場は店の横に二台分.あとは路駐?

手打ちの生麺が特徴で、ふーちば(よもぎ)を練り込んだよもぎソバがある.フーチバ好きの私は興味津々で注文.

生麺だから待たされると思いきや、結構早く出てきた.

荒く練り込まれたふーちばが眼に鮮やか.ふーちばも沢山トッピングされている.

スープを先にいただく.

ブタの出汁で、カツオは使ってない様な感じ.

あふぁい(淡い)が、麺には合う.

麺は生麺特有の食感で、噛むとよもぎの香りが鼻に抜ける.

トッピングされた生の葉は絶品ふーちば.

今まで食べたフーチバの中で最も香りが強い.

苦みもある.

いいねえ

軟骨ソーキが三つものっている事に気がつく.

軟骨がとろとろ.味もしゅんでいる.かまぼこ二枚に卵焼きものっていた.

ダイコンなますとゼリーがついていた.

うちなーぜんざい270円をテイクアウトして近くの漁港で海を見ながらいただこう.

名護/相思樹

市街地から外れたところ(沖縄県名護市宇茂佐1367)にある新しいお店
自然食拘り風のそば屋さん

麺は生麺
木灰(もっかい、きばい)ソバというヤツである

たしか、岸本食堂も同じだが、アチラはゆで麺で私好み

生麺の茹で立てをだしてくるから独特のプリッ、モチッとした食感

スープはあっさり

パラパラジューシーも美味しかった

自分的には嫌いじゃないけど、凄く好きというタイプではない

名護/新山食堂

名護市街、名護十字路からすれ違えないスージを奥に入って直ぐ(名護市大東1−9−2)のところにある.建物は古くて小さな平屋(プレハブ)である.小さな看板を見逃せば、それがそば屋である事は外からはわからない.入り口は勝手口の様な感じ.店内は座敷とたたきにそれぞれ三つ四つばかりのテーブル.おじいーやおばーがゆっくりユンタクしていると思いきや、しごとさーが昼メシに訪れたりと、完全にご近所のそば屋さんである.
観光客?入りしな出しなにそれぞれ一組すれ違った
壁には沢山の色紙が貼ってあり
特に読まなかったけど私のように他所から訪れる物好きな客もいるようだ
店は古い・臭い・汚い
臭いは屠殺場みたいな感じ😃

オーダーは食券機で.

三枚肉、ソーキなどがあったが、フーチバそばを注文.値段は500〜700円位.湯茶はセルフ.

後で知ったのだが、テビチもあったようだ
今度行ったら絶対テビチ
で、テビチを食べたけど、好みじゃなかった(残念)

岸本食堂のように厨房との間に小さな窓がある.
食券を渡して2−3分でソバが出てくる.
早い!

さっと茹でたフーチバが全面に乗っている.
その上に三枚肉が4−5枚、カリカリの厚揚げ一枚、〆昆布一つ.
具沢山!

フーチバをよけるとヤンバル独特の北部麺があらわれた.
幅が広く、薄い.強いコシは無いが、良い食感、いいノド越し.
後の方で些かのびてくるのは避けようが無い.
久しぶりの北部麺はうまかった.
後で知ったのだが、幅広の北部麺の発祥店らしいココは
でも、あの均一な薄さは機械打だな

スープはやや褐色であるが、カツオと昆布のバランスが良い.玉家のように圧してくる強い感じは無い.
此のスープで亀浜麺の組合せは想像できない.
多分合わない筈

三枚肉と〆昆布はアジクーターであった.
厚揚げには味はしみ込ませていない.
白いご飯が一杯喰える

フーチバは一度茹でてあるので苦みは殆どなく、香りが良い.
自分的には生のフーチバーを好きなだけ入れて苦くて臭いところを食べたい

店の雰囲気、古いスタイルのソバは人によっては敬遠されるかもしれないが、ソバジョーグにはたまらない

金曜日のお昼なのに満席にはならないが、ガラガラでもない.

これまでに食べた中で間違いなく五本の指に入る旨いソバだった.



岸本食堂 新店舗

岸本食堂は本部半島では「やんばるそば」に並ぶ人気店であるが、店舗が小さく老朽化しており駐車場も無いことから中々入り難い.近所の人達のそば屋でもあり、観光客や他所のお客でごった返すと迷惑でもある.そこで、大勢の客を収容でき、大型駐車場を備えた新店舗ができている.

新しいお店ができたのは知っていたが、本部まで行く機会も少ないので未だ一度も入ったことが無かった.今夏、水納島に遊びに行ったついでによってみた.

メニューや見た目は同じであるが、スープの風味や麺の食感は旧店舗のそれらとは違う.
でも、観光客には駐車場も完備しているので地元に迷惑がかからず、一押し、おすすめだ.
旧店舗は地元民のお店だからね.

やっぱり「玉家」はイイ!

お彼岸やお盆の度に「平和の礎」を訪れる私であるが、帰りは必ず「玉家」に寄る.

何時来ても変わらぬ旨いそばを食べさせる店だ

もう、何十杯食べた事か。

でも、最近のスープは味が濃過ぎないか?
段々嫌いになってくる.

職場の同僚に此の店を勧めたらあふぁいと評価されたが、自分の感覚から判断すればじゅうぶんあじくーたーであると思う.くりがあふぁければあり(淡水)はまさに水だ.

家ソバばかり食べていると舌が馬鹿になってくるのか?

この頃はテビチ普通盛りか、テビチ小+テビチ一個追加が定番.それにフーチバを山盛り入れる.

普天間〜伊佐間にできた新しいお店「はなきなぁ〜」

普天間神宮から伊佐に抜ける手前、右側にそびえるビルの一階に新しいそば屋がオープンしていた.店名は「はなきなぁ〜(花来)」で、7月の終わりにオープンしていたようだ.

たまたま、10/17に同じビルの屋上にあるビアガーデンで行った観月会に立ち寄った際に見つけた.夜の7時過ぎに開いてるのは珍しいそば屋だなと思い観月会に行く前に寄ってみた.

メニューを見て品数の多いそば専門店だなと思った.そばだけの直球勝負の店とは180度違うコンセプトだ.店に入った時の匂いも違う.しかし、意外にお客は多かった.

とりあえず、普段は食べないソーキそばを注文.案の定、注文してからそばが出るまでの時間が長い.炙ったソーキは別皿で出される.ソーキは本ソーキではなく軟骨ソーキである.圧力鍋で焚いたのか、軟骨はトロトロ.些か脂が多かった

スープを飲む.

ブタとカツオのダシでマズマズの香り.ブタはアグーを使っているようだ.ソーキがアグーか否かは不明.塩味である.薄めの味付け.ただ、麺の糊が溶けてしまっているのでピュアな感じが無い

麺をすする.

やはり、麺の表面が糊でぬるぬるしている.
あきらかに茹でてから流水でしめてもみ洗いし表面のぬめりを取る作業を省いている

日本蕎麦では打立ての生麺を硬めに茹で、冷水で麺表面のぬめりを洗い、熱湯で瞬間暖めて丼に入れてダシをかけて出す.

ここの麺は茹でた後の処理に工夫が必要だ

麺の表面に糊が残ってしまっている.歯触りはモチモチ、あるいはパキパキというより、プリプリした食感である.

コーヒーやティー、サンピン茶、漬け物類はサービス

建物はキャンプフォスターのフェンス際で基地を見下ろす高さの場所に建っている為、基地内や東シナ海、北谷の街並が眺望出来、夜はそれらがすばらしい夜景となる.綺麗な夜景を見ながらそばを食べられるのはここだけかもしれない.

観光客、女性、カップル向け.

一言:沖縄そばの麺は小麦で作られているので、ほとんど喉越しはつるっとしている.しかし、日本蕎麦の場合は蕎麦粉の粒子が方解石のような結晶構造をしており、石臼で荒く製粉されて上手な職人が打てば麺の表面はざらっとした感じに仕上がる.従って、旨い蕎麦の食感は歯触りがパキパキしており、喉越しはざらっとしている.沖縄そばの麺でそのような食感を持っているのは「亀浜麺」が近い.蕎麦では麺をすすって噛み飲み込んだあと蕎麦の良い香りが広がるが、旨い沖縄そばの麺では良い小麦の香りが広がる.その香りは所謂粉臭いという感じではない.


続きを読む >>
2017.09.07 Thursday

スバル車、大改造、無理だけど

今スバルはクリーン・省エネ・好燃費エンジンの開発で遅れをとった

むかーしながらの水平対向エンジンにしがみついて

まあそれは良いのだけれど、進歩進捗がない

マイクロ企業が、今更内燃機関を開発しても2050年頃には内燃機関がなくなるわけだから開発費をペイできなくなる

今ならハイブリッドでしょう

今から新規に開発するのはなんともはや

だから

トヨタの技術をお借りする

あるいは日産のようにシリーズ式にする

ハイブリッドにするなら後輪はモーター駆動にしてドライブシャフトを廃する

前輪は内燃機関とモーターの両方で動かす

デザイン的には水平対向を生かしきれていない

後輪に動力送る必要ないなら、エンジンは横置き、フロントオーバーハングを15センチ縮め、ボンネットを5センチ下げる

プラグインとし、一回の充電で実35キロ走る電池を積む

満充電時間は家庭用電源で一晩

どの時点で水平対向エンジンと縁を切るかスバルとしては悩ましい

四駆にしても四輪独立モーター駆動で良い

将来はEVの方向で

燃料電池はもっと先の話

最近のスバルは儲かっているから研究費に予算を回す余裕ができてきた

続きを読む >>
2017.09.07 Thursday

どこまでつけあがる北朝鮮?

先週末、6度目の核実験を強行した

今更ながらであるが、今度やったらと各国首脳は言っていたが

どうするわけでもなく、ただ叫いているだけ

やることは決まっていたはず

ならば、それを粛々と実行すべきだ

手をこまねいていては、相手の思うツボ

石油の禁輸といっても、北朝の民が困るだけでしょう

続きを読む >>
2017.09.07 Thursday

ゼロエミッション規制が商売に

カリフォルニア州が施行した「ZEV法」、大手6社(フィアットクライスラー、フォード、GM、ホンダ、ニッサン、トヨタ)は一定数のZEVを販売するように義務付けられた

一定数の販売台数は2017年の時点で全販売台数の14%(クレジットと呼ぶ)となっている

目標数値に達しなければ、その分ペナルティを払うか、クレジットに余裕のある会社からクレジットを購入する

EVだけを販売するメーカーは丸儲けである

テスラはクレジットの販売で一年間に150億弱を儲けてると言われている

高コストな高性能EVを一千万前後で販売できるカラクリである

テスラは今のうちに生産コストを下げ、ノウハウを積み重ね、来たるEV時代に備えるのだ

2018年からは16%に引き上げられ、対象となるメーカーも増える(BMW、ヒュンダイ、キア、ジャガーランドローバー、マツダ、メルセデスベンツ、スバル、フォルクスワーゲン)

EVメーカーはウハウハである

マツダは先進内燃機関の開発に邁進中で、高圧縮比ガソリンエンジンで高出力化、低燃費化を両立

さらにディーゼルエンジンは底圧縮比とし、排気ガスの清浄度を向上させ、NOxの発生を抑えた

マツダはさらに内燃機関を進化させる予定で、ガソリンエンジンの圧縮比をディーゼルエンジン並み(1:16〜)に高くし、更なる高出力、高効率=低燃費を目指している

そしてマツダとスバルは他社同様EV化の波に晒されていることも事実で、EVやPHEVも開発中で2020頃には搭載車が市販される模様

2017.09.06 Wednesday

マツダの開発したHCCI

HCCI (Homogeneous-Charge Compression Ignition:予混合圧縮着火)は空気と燃料をあらかじめ均一に混合し手からシリンダーに送り込み、発火点(ガソリンは300度)まで断熱圧縮し、自然着火させるエンジン技術

似たような技術はディーゼルエンジンで使われている

ディーゼルでは空気だけを先に断熱圧縮(1:18〜22)し、そこへ軽油を吹き込み着火させる

違いは、予混では均一な混合気を作ってシリンダーへ送り込むが、ディーゼルでは空気を送り込んで圧縮し、後から燃料を送り込む

予混では着火した後の燃焼の広がり方が全然違うらしい

ディーゼルでは燃料を吹き込んだ場所から火が広がる

HCCIでは均一なので、全ての場所で一斉に着火し、ムラのない爆発的燃焼が起こる

燃料を燃やしきる

燃え残りが少ない、煤の発生が少ない

圧縮比が高い=大容積の混合気をシリンダー内に送り込む

なので、混合気の燃料濃度はかなり薄い

また、シリンダーが混合気を吸う(パワーロス)んじゃなくて、ボワーっと送り込むので吸う時の力が要らない(パワーアップ)

⇨燃焼温度は案外低い=窒素酸化物が出来難い

排気ガスは未燃焼ガソリン、煤、NOxが従来エンジンより少ない

そうすると、効率も断然良くなる

おそらく、HCCI>HV、ディーゼル>普通ガソリンエンジンの順

このHCCI、云うは易しで、ほぼ実現不可能な机上の空論的技術

だから、軒並み世界の一流メーカーが諦めていた

マツダはなぜ成功したか

点火プラグを省いたHCCIエンジンモデルでは着火したりしなかったりムラがある

そこで、あえて点火プラグを残した

へ?へ〜?それじゃ今までのエンジンと同じじゃん

マツダがいうには点火プラグの火花で小さな爆発を起こしてシリンダー内の圧力をさらに上げ、全体的な自然発火を促すんだそうだ

????むむむむ?

それは今までのエンジンではないの?

今までのガソリンエンジンは圧縮比(1:10位)が低い

そこが違う

だが、マツダの新エンジンは圧縮比が1:16位と今までのマツダエンジン(1:14)より高いが、おそらく本来の圧縮比より低い

なぜなら

着火のタイミングがとても重要だから

圧縮して、発火点に達したら否応無しに爆発しちゃう

もし、ピストンが頂点に達する前に爆発したら?

エンジンが壊れるかもしれない

頂点でもギクシャクする

もしかすると着火しない時もあるかもしれなおい

アンコントローラブルなのだ圧縮着火は・・・

できれば、頂点に達して、少し下がったところで爆発してくれたら一番いい

でもHCCIでは自己(自然)着火だから結構バラつく

だから自己着火やめちゃえっていう逆転の発想(ナンジャラホイ)

つまり、自己着火が起こる温度より少し低いところで圧縮をやめてしまえばいい

そしたらダメじゃん、火つかないじゃん

だからピストンが少しだけ下がったところで点火プラグの火花を飛ばす(えっ〜!普通のエンジンやん!)

自己着火する直前の圧縮比で火花飛ばすと当然着火しますが、これの衝撃が圧縮混合気全体に伝わって、一瞬シリンダー内の圧が上がり温度も上昇し、自然着火が起こる

HCCIの成立だ

これがマツダのHCCI

スパーク制御型HCCI:)

今のマツダのエンジンはガソリンもディーゼルも圧縮比は14位

軽油はガソリンよりも低い温度で発火する

圧縮比14でディーゼルが動くということは十分に発火点に達しているということ

他社は16以上、18、22とかもある

それだけ圧縮比あげると燃焼温度が高くて窒素酸化物が出来やすい

マツダのディーゼルは圧縮比低いのでNOxが出来難い

その代わりススができやすい:)

ガソリンは発火温度が軽油より高い(ガソリンの方が燃えやすそうだけど)

ガソリンを燃料にするHCCIは圧縮比を上げる必要がある

16とか18とかでしょうか(ターボだともう少し低いか?)、実はディーゼル以上にあげる必要あり

マツダは圧縮自己着火をあえてやめて、圧縮スパーク点火を選んだ

とはいえ圧縮比は高いんだからNOxできやすいでしょう

でも混合気の燃料濃度は超薄いので燃焼温度は低めで窒素酸化物はでき難いのだとか(安心)

また、あらかじめ均一な混合気を使うので燃焼ムラ、つまり不完全燃焼は起こり難いので、燃え残りガソリンやススが出難く、排気ガスはクリーン

しかも、圧縮比が高いのでパワーはある

どんなエンジンが登場するのか楽しみである

コンパクトなエンジン(1-1.5L、3気筒くらい)

ターボ(もしかしたら電動)

新しい情報によれば、すでに試作車は試験コースで走行中:)だとか

ドイツでは公道を走る許可が下りてる:)(日本の行政はダメダメだね)

実機の性能は・・・排気量2Lで、圧縮比1:16、最高出力は23.45kgf/m、190馬力(いずれも目標値)とか

今の高性能1.5Lターボくらいの出力でしょうか?

試乗記事によれば、ディーゼル同様に低速のトルクが厚く乗りやすいそうだ

しかし、高回転まで回せるところはディーゼルと異なる

また、大量の空気をシリンダー内に送り込むためにスーパーチャージャーが用いられてる

さらに、燃料の送り込みは二回に分けて行わる

最初は少なめに送り込み空気と均一に混ぜる

次は着火の直前にスパークの近くに吹き込む(着火しやすくするため)

もう一つのサプライズがある

それはハイブリッド化されていることだ

エンジンにはモーターが装備されていたのだ

このエンジンを装備した車が一般に販売されるのは2019より以降

その頃は、さらに排出ガスや燃費への要求が厳しくなるだろう

それらに応え得るクリーン・エコ性能に仕上げようとしているのではないか

すでにドイツの公道を試走しているわけだが、これから開発が加えられ味付けされるらしい

最終的には高性能なオートマミッション、ハイブリッド(日産並のエネルギー回収技術)⇨ターボを組み合わせて、200ー300馬力、トルク3-50キロ、燃費30-50キロ/リッターの範囲に入るかも

驚くべきことに、マツダはスカイアクティブディーゼルで飽き足らず、次世代スカイアクティブディーゼルを2019くらいにリリースするという

どこの会社も内燃機関から撤退しようというのに、まだエンジン開発している

おそらく、電気自動車にしたって、発電所から電気をもらうわけだから間接的に環境を汚している

最先端の火力発電所の効率が60%だとしても、末端のコンセントに届くまでのロスを入れるとせいぜい50%でしょう

そうすると、エンジンで50%くらいの効率出せたらEVの優位性は低くなる

日産が出した発電エンジンとEVの組み合わせもありだろう

インフラが遅れている途上国や僻地では純EVは無理だから


日産は圧縮比を自由に変えられるエンジンでHCCIを成立させようとしている

▲top