仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
大学のサーバーにホームページを設置しておりましたが、更新の頻度を早めるために一部移設しました。
一般の方々に研究内容を紹介していきたいと思います。
ご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。
●ご意見、問い合わせなどはメールもしくはカテゴリ「皆様のコメント」をご利用下さい。
●「日本脳炎、デング熱、西ナイル熱の血清学的診断」をクリックすると「簡単な説明」や「検査の受託」の情報を知ることが出来ます。
●「西ナイルウイルスについて」をクリックすると、西ナイル熱の記述が有ります。
●「食べるワクチン」をクリックすると将来のワクチンの話があります。
●堅い話ばかりだとつまらないので、「写真のページ」を追加しました。コメント可能です。

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.05.23 Tuesday

自民党の受動喫煙対策、あまーい

食堂、ラーメン店、居酒屋、スナック、バー、ホテル、事務所(職場)、屋外は喫煙可
学校(小中高大)や病院、官公庁も喫煙室で可
これじゃあ「ザル法」だ
厚労省案は学校、医療機関、官公庁のみ不可で他は喫煙室などで可
これも「やる気」がないけど、基本的には受動喫煙はなんとか防げる
屋外が両者で無制限になっているけど、これも何らかの制限をかけないと、嫌煙家の目前でプカプカということになりかねない


2017.05.23 Tuesday

なんだかんだと言っても北朝鮮

今、ミサイルや核兵器開発でなんだかんだ言われている北朝鮮だが

本当に世界から干されているのかというと

いや全然違う

国交断絶している国は少ない

断絶ではないが国交のない国は少なくない

そして国交のある国が案外多いのだ

だから、日米韓と中国が制裁や制裁やと声高に言っても意外とこたえないのだ北朝鮮は

本当に制裁したければ別の手段を取らなければならない

続きを読む >>
2017.05.22 Monday

ベネズエラ、このままではもったいない

世界一の石油埋蔵量を誇る南米の名士ベネズエラ
国土は日本の2倍強
人口は半分くらい
石油を輸出し続ければ、今後数百年は優雅に暮らせる
しかし、石油採掘は欧米列強の石油会社が入り込んで牛耳っているため国と国民には富が回ってこなかった
まるで植民地のような様相
そこで、チャベスという男が立ち上がった
幾度かの反抗運動と弾圧の果て、1998年に大統領に当選した
国名をベネズエラ・ボリバルに改めた
新憲法制定
2000、新憲法の下大統領再選
石油の利権を握っていた旧資本者たちはアメリカと組んで新政権排斥を試みる
CIAがクーデターを」試み、大統領は軟禁されるが無事救出
クーデターは失敗に終わる
この勝利を追い風にして反米国家の連合が形成されラテンアメリカからアメリカの排除の機運が高まる
2002にブラジル、2003にアルゼンチン、2005がウルグアイ、2006ボリビアとチリ、ペルー、エクアドル、ニカラグアと続く
2006にチャベスは三選を果たす
2009には国民投票で大統領の多選が認められた
2013、病没

ベネズエラの経済は石油の輸出で成立
イラク戦争で原油の価格が上昇し、国家経済は安定
しかし、運悪くチャベス死去の翌年から原油価格は暴落、国家経済状態が逼迫
なんと、通貨価値が千数百%下落
テレビなどの解説は原因は原油価格の下落と言ってるが
他の産油国で同様のことは起きてない
ほぼ変わらない国もあるし
酷くて、せいぜい100%弱だ
何故ベネズエラだけこんなになったのか

近年のベネズエラの外貨獲得は粗100%が原油輸出から
チャベス政権になってからも同じだろう
前政権までは一部の階層と海外からの石油資本が利益を吸い取っていた
植民地である
チャベスは利益をばらまいた
貧乏だった国民に、近隣の反米勢力にも・・・・
粗無計画に
その時点で利益を備蓄しておけば、儲けの少ない今でもなんとか持ちこたえたはずだ
事実他の産油国はそうして今の逆風に耐えてる

さてさて、この崩れかけてる国は石油埋蔵量世界一という最後の切り札を持っている
絶対に救う価値があるし
救ってやれば見返りもあるだろう

しかしどうやって
誰が・・・

続きを読む >>
2017.05.22 Monday

喫煙問題云々

世間は喫煙禁煙で大揉めに揉めている

堂々と金を出して購入したものを吸ってるだけで何を文句言う

副流煙で病気を惹きおこすから迷惑なんだ


双方色々言い分はあろう

喫煙者である自分から考えると、何ら法律違反しているわけでもない
煙が嫌なら他所へ行けばいいじゃないかとも思う
ただ、公共の場では他所へとは言えないので喫煙者が遠慮すべき
または匂いや煙が漏れないような喫煙場所を作ればいい
何と言っても、喫煙者は高額納税者ですから集めた税金でじゃんじゃん喫煙場所を作ってください


喫煙停止中の自分から言わせてもらうと
マナーのない喫煙者はイカン
マナーはちゃんと守りましょう
意外と迷惑かけてるのが、自動車を運転中の喫煙
自分は誰にも迷惑かけてないつもりだろうけど、周りのドライバーに迷惑かけてる
どこからともなく漂ってくるタバコの匂い
近くのドライバーが窓開けて吸ってますね
しかも、灰を窓外にチョンチョン
さらに吸い殻をポイ
窓を閉めて吸うべきだし、灰や吸い殻は吸い殻入れに
そんなこともわからない、守れない奴は」世の中に存在する意味がない!



それから、皆さんタバコの匂いだけを攻めるけど、化粧品臭や体臭もひどいよ
エレベーターに入った時、むわーっとする、そんな時、僕は息を止めています

前を行く、あるいはすれ違ったアナタ、アナタが臭いんですよ

部屋で香のようなものをたくアナタ、みんなが迷惑しています

自分の鼻の穴にでも突っ込んでおきなさい

続きを読む >>
2017.05.17 Wednesday

マツダ、車が売れない

トランプさんじゃないけど、アメ車同様にマツダ車の販売台数が落ちているようだ
結構いい車を作っていると思うのだが、伸び悩んでいるようだ
訳がわかれば越したことはないのだ
素人ごときが何をいうとお怒りをかうだろう
他人事だと思えない事情が小生にはあるのでお許しを

昔、デミオの旧型に乗っていたことがある
あの時はフォードと組んでおり、フォードのエンブレムがついていた
店は格式張っていたがあくまでもマツダである
5-6万キロ走らないうちに長女にお下がりとなり、トヨタのヴィッツに変えた

そして、再びマツダのデミオに変えた
現行デミオの初期モデルだ
昔のデミオはまあまあだったが、かなり改善されていると感じた

まず、他社製品と比べて違うと感じたのは
エンジンのかかり具合だ
セルモーターが回ったか回らないかの瞬間かかっちゃう
トヨタだとキュルキュルキュルキュル、ぶるん
デミオだとぶるんとかかる

乗ってみて、ハンドリング、乗り心地、乗り味全てにおいてヴィッツより上なのだ

一番新しいヴィッツも代車で一週間くらい乗ったけど、デミオの方が良い

こりゃ売れるなと思った

多分結構売れたんじゃないかな

けど、今は右肩下がりのようだ

まずラインナップを見ると、なるほどと頷いてしまう

全ての車種が一つの特徴なのだ

バリエーションがない

大きいか小さいかくらいの差だ

それとネームバリュー

例えば、メルセデスベンツやBMW、アウディとトヨタ日産ホンダを比べると、特に名前だけ比べると

日本のメーカー、特にトヨタでさえフォルクスワーゲンと双璧をなしているにもかかわらず十把一絡げの後進メーカーというイメージだ

イメージは大切で購入動機の大部分をなす

日本国内における販売だけ見るなら、三大メーカーは別にして、スバルは何故一定の売り上げを続けられるかを考えなくてはいけない

スバルだってラインナップを見ると一様だ

でも、メーカーとしての印象というか特徴がある

水平対向エンジン、四輪駆動、安全というどこか一本筋の通った見栄えがある

マツダはどうだろう

昔だったらロータリーエンジン

そのエンジンを積んだサバンナやRXといった車はどこも作っていなかった

でも今はない

何が花?

スカイアクティブ?

実はスカイアクティブを正しく理解している購入者は少ない

実際、我が妻もスカイアクティブなしのデミオを買ってきた(笑)

トヨタだったらハイブリッド

スカイアクティブでまとめるのはいいけど、実際はたくさんのいいところがある

それを個々にアピールしなくては消費者は触手を伸ばさない

実は圧縮比をディーゼル並みに高くしたガソリンエンジンを市販車に乗っけたことに相当驚かされた一人である自分は

これで飛躍的に燃費が良くなった

そいつにスカイアクティブの名前をつけた

なかなかいいネーミングじゃないかと感心もした

しかし、次から次から出す革新的技術に全部スカイアクティブをつけてしまったのはマズかった

客から見れば一つにしか見えない

ディーゼルエンジンの圧縮比を逆に下げたのも面白い

が、これもスカイアクティブ

シャシーも新しくして、やはりスカイアクティブ

ミッションもスカイアクティブだ

アイアクティブというのもある

自動ブレーキを中心とする安全システムがアイアクティブセンス

プロアクティブもある

アクティブという言葉が好きなんだろうけど

何が何やら

一つ一つが素晴らしい技術なのにもったないない

購入者の心に響いてこない

あと、車がみんなおんなじに見える点も

一つ一つが違う車であることも理解してもらわないとね

あ、ロードスターだけ別ですね

あれは特徴的だ




続きを読む >>
2017.05.16 Tuesday

シートベルトは大切だよ

僕が若者の頃、運転手ですらシートベルトは義務化されてなかった

それが、高速道路で義務化され

最終的に高速であろうとなかろうと義務化された

後部座席はどうかというと、推奨されていたが義務ではなかった

ところが、最近は後部座席のシートベルトが高速道路で義務化された

全席全シチュエーションでの義務化が実施される日も遠くないだろう

だが、義務化される前から装着した方が絶対いいのだ

JAFのホームページによれば

後部座席の同乗者がシートベルト装着していない状況で衝突事故を起こすと

自身が負傷しやすくなるだけではなく、車外に放り出されたり、同乗者にぶつかって危害を与えるリスクが高くなるのだ

また子供が小さいうちはチャイルドシートを使って固定することが肝要

ペットもケージ等に入れて固定する

ワゴン車などは貨物スペースの荷物が前方に飛んでこないように固定する

これ、すごく大事

2017.05.16 Tuesday

完全自動運転は受け入れられるのか?

完全自動運転の定義は諸説あるが、

通常走行時は人間による介在は無い

行き先を入力すれば、自律的に走行する

これを人々はどう受け止めるのだろうか?

ネット上に公開されている警察庁のアンケート結果によれば

自動運転を肯定、あるいは否定する回答が看過できない割合であった

どちらかといえば肯定する意見の方が多い傾向にあった

一方、自動運転そのものを理解できていない人も三分の一近くいたことは興味深い

いずれにしろ、欧米を中心に自動運転の研究開発が勢力的に進められており、遅かれ早かれ自動運転の時代は実現する

そんな社会になっても、人々は自動車を保有するのか疑問だ

おそらく、運転手のいないタクシーのような形態になるのだから自家用車を持つ意味が薄れてしまう

個人が一台一台保有するのではなく、複数の自動車を複数の人で保有する時代になるのだろう

そうなると、必要な台数は当然減るわけで、自動車産業が相当変貌するだろう

製造、販売、整備・修理業種が激減

全米の調査で2015に事故修理の収入が56億ドル

2030の予想はその半分

2040には25%に減るそうだ

おそらく、部品用品関連の製造販売業種も縮小

ガソリンスタンド(充電センターや水素スタンド)も減少

全ての車両が自律的に走行するので、基本的に事故がなくなり、交通違反もなくなる

だから、警察が縮小、消防の救急が縮小される

自動車保険が基本的に大幅改変

保険会社は整理縮小

基本的にドライバー向けの標識がなくなる

自動運転車両同士がワイヤレスで情報交換するので、基本的に一旦停止や信号が要らなくなる

速度制限も設定しない

自動車が自律走行する道路は基本的に自律運転車両専用で歩行者や自転車は入ら(れ)ない

自動二輪車の存続は怪しくなる


2017.05.09 Tuesday

交通事故は高齢者に多いのか?

昨今、交通事故関係でマスコミを賑わすのは高齢ドライバー
でも本当に高齢者の事故が飛び抜けて多いのか?

H22年度に(財)国際交通安全学会がまとめた「アクセルとブレーキ踏み間違えエラーの原因分析と心理学的・工学的対策の提案」報告書を紐解くと

まず、データは全てライセンス保持者に対しての傾向である

交通事故は高齢者より〜30歳が平均値より高く、他の年齢層は平均値並みである(図7)
多くの事故は若者が起こしている!

しかも、ペダル踏み間違え事故は18-19歳が最も多く、加齢に伴って減少し40歳頃が最低となる.40歳から加齢に伴って増加するが、75歳以上の値は18-19歳のそれを超えない(図8)
若者は運転未熟と運転粗暴故に事故を起こし、加齢に伴って40歳頃には運転技術が熟すとともに穏やかな運転となる
だが、40歳からは加齢に伴い運転技術、運動能や感覚等が衰え事故を起こしやすくなる
ペダル事故、他の事故共に若年齢層のリスクが一番高い


一方、全事故に対するペダル踏み間違え事故の割合は高齢者の方が多い(図9)
この結果は若年齢層の事故はペダル踏み間違えもあるが、他の事故も非常に多く、高齢者はペダル以外の事故は存外少ないと言える
つまり、高齢者のペダル事故を無くせば、高齢者の事故発生頻度はかなり下がる

あらゆる状況でペダル事故は発生するが、圧倒的に多いのは直進時だ(約半分)
他の事故に比べ、発進時にも多い傾向にある(約3割)

ペダル事故の内容に関しては年齢差があった

若年齢層では「相互・追突」が一番多く、「単独・路外逸脱」が最も少なかったのに対して高齢層では真逆の関係になったのは興味深い

さらに高齢者は「後退時」のペダル事故が最も多く、それ以外(発進、直進、右左折、その他)は一様のレベルだった

また若年齢層では「後退時」のペダル事故が最も低く、それ以外(発進、直進、右左折、その他)が一様に高かった

したがって、ペダル事故発生の場所(交差点、交差点付近、単路、その他)にも年齢差があった

高齢者のペダル事故は「その他の場所」で多く発生し、若年齢層の事故は「その他」以外の場所で一様に発生している

その他の場所とは路外、駐車場のような場所か?

さらに、最近ニュースを賑わしている「逆走」であるが、マスコミは全てが高齢者の仕業のような表現であるが、果たして本当なのか?!

交通事故総合分析センターというところの統計を参考にしてみると、逆走事故そのものは増加傾向にある
しかし、年齢階層別に発生状況を見ると興味深いことがわかる

まず、20歳から34歳までの層にピークがある
これは運転が未熟な所為か?

次に45から54歳までの層、そして55歳から加齢に伴って増加する

統計データから見ると逆走を起こすのは高齢者だけとは限らない

高齢者が逆走を起こす要因に疾患(認知症など)や「不慣れ」などがある

一方、他の年齢層では「故意」、「不注意、うっかりミス」が多い




2017.05.02 Tuesday

一人勝ちは良くない

我が国における4月の自動車登録数はトヨタが11万台、本田が27000、日産が24000
スバル9500、鈴木とマツダがそれぞれ9000、ダイハツ2200、ミツビシ2000であとはトラックメーカー

トヨタが一人勝ちだ

これ、自動車業界にとっていいこと?

2017.04.27 Thursday

日本が自動運転化で遅れをとる訳

ズバリ規制だ
例えば、テレビカメラを備えているものは画像認識で制限速度、一旦停止などの標識類は認識している
また、信号機の状態も認識している
だから、信号の状況に対応して車を操作できる
一旦停止も停止線で停車させることができる
交通事故の原因は色々あるだろうけど、信号無視や優先無視は多いと思う
ところがどっこい、国がこれを絶対認めない
アダプティブクルーズや渋滞支援システムというのがあるが、あれは信号や一旦停止などのない高速道路でしか使えない
一般道を流れの先頭を走行している時に信号が赤になった場合、信号を無視して交差点を通り過ぎてしまうからだ
赤信号、赤の点滅、「止まれ」で自動ブレーキが働いてくれたら、どれだけ事故が減るか
進入禁止も認識できるから、高速や専用道路の逆走も激減
日本が高度道路交通システム(ITS)を将来狙ってるのはわかる
それが実現する前に車がITSに近いことをされるとITSの価値(役人の手柄)が半減するというわけだろう
でもいいことはできる時にジャンジャンやったほうが人々のためだ
安倍さん、規制を緩和してください

欧州車の最近の自動ブレーキで右直事故防止機能がついたのは好ましい
これは日本で認可された

信号が黄色に変わったら停止線の手前で停止しなくてはいけない
タイミング的に止まれないときは進んでもいい

赤は停止線の手前で止まっていなくてはいけない

これが人間のドライバーならどうか

歩行者信号が点滅、赤に変わったら、次は信号が黄色に変わるから「アクセル全開」
こんな走り方しているドライバー、存外多いですよ(悪い心理)

さあ、黄色に変わったら我も我もとぞろぞろ続く
ブレーキでも踏もうものならクラクションが鳴る
追突する勢いで続く車、それがダンプならヤバい
もう赤に変わるから泊まろうとブレーキをかける
後続車の中には別の車線(反対車線でも)から交差点を抜けていく輩がいる

さあ赤になりました
一方の信号が青になるまで暫し時間がある
3台くらいは通過する光景が日常の地域も

自動ブレーキ、機械なら、杓子定規に守るでしょうね

上記のような悪質ドライバーがいるから追突や無茶な信号無視による事故も発生するかもしれない

でも、あと数年で自動ブレーキ装備車両が趨勢になる時期が来る

その時には性悪ドライバーも無茶できなくなる

そういう事故を引き起こすドライバーは悪質、事故というより故意
犯罪といってもいいから刑務所に入れてライセンスは生涯取り上げるべき

▲top