元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2014.09.18 Thursday

今でも原発がベストか?

発電コストで最も安いのは原発.

これまで、何処をみても、何処で聞いても、皆口を揃えたように原発が一番安上がりということになっていた.

しかし、最近の情報では其れ程の差は無いように思える.

いや、寧ろ原発は他の方法よりも高コストであると云えるかもしれない.

米国のブルームバーグ・ニューエナジー・ファイナンス社(BNEF)によれば、原発の発電コストは1キロワットあたり約15円と試算された.

日本政府の試算では原発の発電コストは1キロワットあたり5円台といわれていたが、実際には各発電設備で高低がある.

国の試算は何だか国民を誤摩化していると疑念を抱かざるをえないが、かつて(福島事故の前)は本当に其の様な計算が出来たのだ.

今回のBNEFの試算が何故高いのかと云うと、福島事故により安全に関する規制が厳しくなり、建設費や維持管理にかかる人件費等々が上昇したのが主な理由.

そもそも原発の発電コストはどのようにして計算されるのか?

資本費用、保守費用、燃料費用、バックエンド費用の合計を発電量で割ったのが発電コストである.

バックエンドコストとは放射性廃棄物処理費用、廃炉費用、再処理費用の合計だ.

これらのコストには研究費用、立地対策費用などの政策費用や事故収束費用、損害賠償費用などの事故費用は含まれていない.

1キロワット当たりの政策費用と事故費用は其々約1.1円と0.5円と云う試算があるが、政策費用は1.72円、事故費用は2円以上になると云う試算もある(事故により上昇傾向にある).

おそらく、資本費用も事故によりアップしている筈だ.

また、福島のような事故→廃炉のような事態になれば、廃炉費用は相当高くなる.

今迄、どの方法よりも断然低コストと見積もられていた原発であるが、皮をめくると案外他の方法よりも高く付く事がわかる.

さらに、事故が起きれば費用以外に色々と厄介な事態になり、収束には途方も無い時間を要することも事故によって思い知らされた.

政策費用や事故費用は電力料金に含まれておらず、研究は公費、事故は国(税金)や保険のようなシステム(掛け金)で負担されるが、損害賠償の掛け金は電力料金に上乗せされ、国からの分は国民の税金から支払われる.

結局は、すべて国民が支払うのだ.

このようにみると、原発が他の方法に比べて如何に甘やかされてきた発電法であるかという事がわかる.

さらに、事故が起きた場合、被害者に100%が補償される事は無い.

被害者が泣き寝入りする部分もある事も心に留め置く必要がある.

そうなると、原発はベストどころかベターな選択でもなくなる.

ちなみに、BNEFの試算で最も低コストな発電法はコジェネレーション(二酸化炭素が出る)、最も高コストなのは洋上風力で、それに次いでコスト高なのは太陽光と原子力となっている.

BNEFの原子力の試算には廃炉処理費用は含まれていないから、其れも含めると太陽光よりコストが高くなる.

また、太陽光発電は技術の進歩で将来のコスト減が期待される.コジェネレーション法も然りだ.

JUGEMテーマ:原子力発電



2014.07.31 Thursday

東京電力は起訴相当

福島第一原発の事故の責任をめぐり告発されていた東電経営陣が一旦不起訴処分となったが、起訴相当と決まった.

まあ、其れが責任者の責任者たる所以であって、責任持たないなら責任者ではないわな.

何万年に一回か知らないが、其れでどんなことが起こるかは想定し、対策を立ててておかないといけない.モノがモノだけに.此の度はそれが如実に現れた訳だ.

目先のコスト安だけを考えて利益追求型の経営方針で操業するのは中国の食品製造会社と何ら変わりはないという事だな.

確率的には次の事故が起こるのは相当あとだから、今の経営陣は気が楽.だから、また手を抜いてしまう.

これは役人にも云える事ではないか?

2014.07.31 Thursday

プロ市民とは

産経のwebサイトで、辺野古や佐賀、原発で反対している人達を「プロ市民」と呼んでいる.

へえ、プロ市民ねえ、何じゃそりゃ?

wikiで調べてみると、「自覚・責任感を持つ市民」のことらしい.

一般市民を装って営利あるいは政治的目的を持って活動する市民の蔑称としても使われるらしい.

産経はまともな新聞だから前者の意味で使っているんだろう.

まあ、人は立場や柵が色々と有るから、腹の中では「嫌だ」と思っていても、なかなか声を大にして言えない事が多々有る.

だから、反対している人達に内心応援しているんじゃないかなあと思う.

逆に補償金や仕事の関係から「(嫌だけど)賛成」と言いたいところだが、周りの手前言えない人もいる筈.

先日の沖縄県に於ける統一地方選挙は基地問題が最大の焦点であり、基地の賛否を問う住民投票さながらの選挙となった.

特に、辺野古移設問題を抱える名護市では投票率は前回同様70%を越え、住民の強い関心が伺えた.結果、反対議員数は1つ減ったものの、過半数を維持することとなった.

一方、普天間を抱える宜野湾市、嘉手納を抱える沖縄市は保守系が勝利し、基地ウエルカムの姿勢だ.

名護は反対で宜野湾はウエルカムなのだから、いっそのこと普天間基地は其のまま置いておけば良い.

また、尖閣問題を抱える石垣の結果も然りである.

2013.11.22 Friday

新出生前診断

胎児の疾患の有無を検査する方法が一般的になってきた.

色々な方法と目的があるが、遺伝的疾患を発見すると云うのもひとつである.

早期発見して胎児の命を救うというのもあるが、疾患を有する胎児を排除する目的で検査する場合も想定される.

最近の技術進歩により、妊婦の血液を調べることで胎児の遺伝病が検査できるようになった.

所謂、新出生前診断という方法だ.

今までの羊水等を調べる侵襲性の高い方法に比べて気軽に行える.

此の新しい検査を受けた三千と五百の症例について行われた追跡調査の結果が発表された.

67例で何らかの遺伝的疾患が疑われ、うち62例が従来の羊水検査による確定診断を受けた.

62例のうち54例が遺伝子疾患であると診断された.

54例のうち53例の親が妊娠中断を望んだという.

とても考えさせられる調査結果である.




2013.11.04 Monday

日本でも起こっている「産地偽装」

阪急阪神ホテルズのレストランがメーニューに書いてある食材の産地を偽装して荒稼ぎしていたと云うニュースが流れ、そんなことが日本でも行われていると世間を驚かせた.

韓国では日本産が放射能汚染していると評判が悪いので、韓国産かロシア産に偽装して流通させている.

似て非なるものであるが、人間というものは愚かしいということが如実に現れた二つの事件だ.

何々牛、何何ネギ、何々海老...人は頭に付いている何々に弱い.

本質的なことは全くわかっていない.

不当に労を費やさずに儲けるヤツらの思うつぼだ.

もっと自分を磨いて本質を見抜けるようになれば、こんな詐欺に遭うことは無いのだ.

脂肪タップリなのに低脂肪乳として朝食に供したりというのもある

日本人は霜降り肉を好む.霜降信仰だ.

名古屋の某ホテルや徳島の某焼肉店では牛脂を注入して霜降り肉に見立てた工作が行われていたと云う.

客はそれを有り難がって喰い、金を払ったという.

霜降信仰だ.

まあ、毒を喰わされた訳じゃないから、健康被害は無い.

味にうるさい客も見抜けなかった.

赤身の肉に霜降り状に牛脂を注入する行為は、ある意味で下ごしらえである.

でも霜降り肉ではない.

針で肉塊の内部に牛脂や様々な調味料・添加物を注入する行為は雑菌をも注入する行為であり食中毒の原因となりかねない.

また、調味料や添加物の中には人によってアレルギーを惹き起こす可能性もある.

ひき肉やユッケ、マグロの剥き身や中落ちで作るネギトロなども様々なものを添加して細工しやすい食材だ.十分に注意する必要があるし、材料として買う場合も信頼できる店から購入した方が良いだろう.



続きを読む >>
2013.10.25 Friday

動物の飼料も危険な中国製

アメリカでは中国で製造された犬用の飼料で三千数百頭の犬が死んだという.

日本ではどうなのか?


今は私の家では伴侶動物を飼っていないが、子供のときは色々と飼っていた.犬も秋田犬とボクサーを飼っていたが、殆どペットフードを与えたことがなかった.御飯とみそ汁が主だった.それを一日二回.

2013.10.21 Monday

原発は是か非か

小泉元首相の「脱原発論」が止まらない.

原発は低コスト、クリーンを謳い文句にした「夢のエネルギージェネレーター」と政府が押し進めてきた.

民主党が政権をとってから、代替エネルギー、脱原発が言われ始めた.

そして、東日本大震災で東京電力の福島第一原子力発電所も地震と津波の影響で炉心溶融、放射性物質大量漏出という事故を起こした.

国民のみならず行政や政治家達も「夢」のイメージに大いなる疑問を抱くに至った.

発電会社は「何事も無ければ」大きな利益を生み出せる原子力にいまだしがみつこうとしている.

目先、廉価な電力を生み出せる発電方法を選択せざるを得ない政府.

しかし、一旦「福島第一」のような事態になれば終始がつかなくなり、事故処理には今後膨大なマネーと人力を必要とするのも事実だ.

原子力で発電するなら福島の経験から自然災害に対する絶対の耐性を担保する必要がある.

此処までは誰もが認めるところであろう.

それでも、我が家の前で起こらなかったあの事故を対岸の火事と思っている論客も少なくない.

そこで、元首相の小泉さんが言い出した「脱原発」である.

たとえ事故が起こらなくても、原発を稼働させるかぎり放射性廃棄物が副産物として未来永劫生まれる.

今発生する廃棄物だけではなく将来も発生するということを忘れてはいけない.

今の廃棄物の放射性レベルが一万年後に低レベルにまで落ちるから大丈夫だという論客も居るが、そのことを忘れている.

さらに、地下に埋めるといっても伊万年単位で完全に安全な地下等あり得ない.

埋めた廃棄物を監視しメインテナンスする必要がある.

地殻変動が起きて地下保管庫がつぶれたらいったいどうするのか(福島と同じこと).

放射性廃棄物は崩壊して安全な物質に変わるが、重金属は消えてなくならない.むしろ水銀やヒ素の方が危険だという論法.

単なる問題のすり替えである.一万年後に低レベルになると言うなら、排泄された重金属も一万年後には問題にならないくらい拡散希釈されるし、現在は「使わない」方針と排泄規制で環境汚染は減少傾向にある.

だが、原子力は放射性物質を「使わない」訳にはいかない.排泄規制も平常時は勿論厳しく規制されているが、福島のような事故が起こればじゃじゃ漏れだ.事故による被爆、環境汚染も見過ごすことのできないレベルで、研究機関のラジオアイソトープ使用施設に科せられている規制基準など赤子のようなもので、普段真面目に守ってきた研究者もそうだが、事故や違反で罰せられてきた者達は複雑な思いをしている.福島では比較使用の無い位違反が在り斬首に値するくらいの罪の蓄積がいまだにまかり通っているのである.

つまり原発は事故を起こすと、そこから漏出する放射性物質は法律で定められている規制値を全く守れなくなるばかりか、非常に長い間続くということである.

これは重金属の話とは比較のしようがない.

これは世界的な問題である.






2013.09.25 Wednesday

とうとうドコモからもiPhone発売

発売直後の売り上げは量販店集計で見るとソフトバンクがトップだが、キャリアの店の分を入れると働だろう.

いずれにせよ、アップルは約900万台を出荷した模様.

一台あたりのコスト(部品+組み立て)が約二万円で、店頭価格が十万円弱.

ゼロ円等と謳って販売しているが、約二年の分割払いになっている.

ローン会社がどれだけ利益を取っているか知らないが、キャリア会社とアップル併せて可也の暴利だ.


2013.09.25 Wednesday

自動運転自動車の落とし穴

まだ自動運転の自動車は開発中だが、危険回避を自動でやってくれる車はボチボチ出ている.

パーキングから車を出すときにアクセルとブレーキを踏み間違え、慌ててアクセルをベタ踏みして商店に突っ込んだり、パーキングビルの壁をぶち抜いて外に飛び出たりといった馬鹿げた事故が後を絶たない.

しかし、馬鹿げた発進を食い止めるシステムは既に開発され、少しずつ普及している.

また、走行中に前方の車や物体に衝突しそうな時、減速・停車で衝突を回避するシステムもある.

これらは全部の車に採用して欲しいシステムだが、落とし穴もある.

走行中にシステムが作動した際、後方から来る車に同様のシステムがなければ運転手の能力で最前の衝突回避行動が求められるからだ.

先日、システムが誤動作して急減速した車に大型トラックが追突する事故が起きた.

流れで走行している際、危険が感じられない状況で前方の車が急ブレーキをかけたら、おそらく交通機動隊でも追突してしまうだろう.

おそらく、追突したトラックにも同システムが装備されていれば追突は避けられたのではないだろうか?

2013.08.28 Wednesday

やっとこさ自動車

日本語の「自動車」は英語の「オートモービル」に由来する.

自動車の原型は1769年にフランスで製作されている.

唯動くというだけで、歩くより遅く、旋回性能も無いに等しい代物だったらしい.

奇しくも自動車による交通事故1号も又同じ車で発生している.

240年余りの歴史を経て現在の自動車に至っている訳だ.

その進歩ぶりは凄まじく、原動機性能と其れに伴う最高速度は100倍近く比べ物にならない.

まっすぐ走るだけではなく、曲がる、止まるの性能も平行して進歩した.

唯変わらないのは何らかのエネルギーを必要とすることとヒトが運転しなければならない点だ.

しかし、今般に至ってはエネルギー効率が飛躍的に高くなったり、安全性も高くなっている

衝突時に乗員にかかるリスクを極力減らしたり、歩行者へ衝突したさいも被害を少なくする工夫がなされている.また、高速でも安全に曲がれる、すべる路面で急ブレーキをかけなければならない状況でも止まれたりハンドル操作できるなどの工夫も一般化されている.

さらに、近年では衝突回避システムも登場している.

もっと目を見張るのは、自動運転システムだ.

グーグルや軍関係がいち早く実用化に近づけた.

そして、日本でも2020年に自動運転可能な自動車が販売されると云う.

続きを読む >>

▲top