元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2014.07.31 Thursday

教育庁幹部が児童買春

沖縄県警は児童買春とポルノ禁止法違反の疑いで沖縄県教育庁参事兼中頭(なかがみ)教育事務所長、浜口茂樹容疑者(59)=同県沖縄市松本=を逮捕した

浜口って沖縄の人の名前ではないね.内地から来た人間かも.

電話帳に載っているだけでも十余りと非常にめずらしい.

しかし、生粋の沖縄人であるという説もある.

2014.02.07 Friday

沖縄の医療の改善

沖縄県は数多くの島嶼で構成されており、人々は島々に分散して住んでいるわけだが、最も多くの人口を抱えているのが沖縄島(本島と云う言い方もある).

沖縄島は南北に細長い島で、多くの人が中部から南の部分に住んでいる.

その南部の中で最も人口が多いのが県庁所在地である那覇.

那覇を含む中部以南地域は豊かで便利な特別な地域である.

一方、中部より北部にかけては其の逆で、不便で経済的にも恵まれていない.

沖縄島以外の島嶼部になれば、其の格差は更に大きくなる.

例えば、医療である.

県立中部病院、県立南部医療センター・こども医療センター、赤十字病院、琉球大学付属病院、那覇市立病院、いずれも沖縄島の中部以南にある.

これらに対して沖縄島北部と宮古島、石垣島には、それぞれ県立病院が一つずつあるのみで、内容的にも人員、設備、予算ともに逼迫しているらしい.

それ以外の周辺・島嶼部では更に医療は不毛状態である.

今年度、宮古・石垣島の県立病院の、特に救急医療体制に改善が施されるらしい.

まず、県立病院の定員を80人(医師38、看護師42)増員して2734人となる.

此の増員で、宮古・石垣両島の県立病院に新生児集中治療室(NICU)の設置が実現する.

此のために両院には医師1、看護師6が増員される.石垣島の県立病院では設備も整備される.

さらに、救急医療体制強化を目的として、宮古に6、石垣に4、北部4の増員も行われる.

院内感染防止に必要な看護スタッフと臨床検査科医師も一名ずつ三つの周辺県立病院に配置される.

これで全てが解決、充分ではないだろうが、大きな進歩だと思う.

これを機に、もっと弱い小さな島嶼部や僻地の医療問題解決を進めていって欲しいものだ.

中央に居る医者には否定的な意見も有る.

ある医師は、必要に応じてヘリで運べば良い、もったいないと吐き捨てるように言った.

あきれた.

悲しい事である.

2013.07.17 Wednesday

もうすぐお盆

お盆は仏教の儀式の一つと云われているが、仏教の教義では明確にできないところもあるようだ.
もともと、誰でも先祖崇拝の気持ちを持っており、それが根強いところでは宗教の中で形式化したのだろう.

仏教の盂蘭盆会という行事がそれだとされる.

これも日本と中国にはあるらしいが、インドには無い.

おそらく、盆や彼岸等の儀式は仏教伝来前からあった習俗に伝来した佛教の考え方を刷り込み、取り入れたものだろう.

沖縄のお盆は旧暦で行うからカレンダーの何時何処というわけにはいかない.

お盆にはご先祖様があの世から戻っていらっしゃる.

お盆には、ウンケー(お迎え)とウークイ(お送り)のセレモニーがある.

仏壇の前には沢山の御馳走が並べられ、御帰りになるときには御馳走とお金を沢山持ち帰っていただく.

此のお盆の最中に観られる風物詩の一つにエイサーがある.

エイサーエイサーヒヤルガエイサーと叫びながら若者達が太鼓を叩きながら舞い踊り道々を巡る.

このエイサーは浄土宗が伝えたものだと云う

元々は僧侶が集団で念仏を詠唱しながら家々を巡っていたらしい.

エイサーってどんな意味と沖縄の人に訊いても「エイサーはエイサーさ意味なんか無いよ」と答えるばかり.

おそらく、(念仏を)詠唱が訛ってエイサーになったんだろう.

昔の書物ではえいさーではなく「ゑさ」と書かれているから「うぇさ」と発音するのかな

じゃあ、ヒャルガはどんな意味なのだろう

「ひや」は「さあっ!」で、「ひゃるが」は「さあっ!やるぞ!」みたいな感じか

エイサーエイサーヒヤルガエイサー(詠唱詠唱さあやるぞ詠唱?)

続きを読む >>
2013.04.04 Thursday

普天間が帰ってくるのは早くても2022年

米軍の普天間基地移設に伴って跡地の返還は速くても2022年だという.

何処に移転するかは知らないが、持ち主の手に帰るのは後十年先.

それまでは周辺の危険性は継続して残る事になる.

跡地開発も十年後.

はっきり言って遅い!

もし移転先について合意が得られたら、今の普天間基地機能を日本全国に分散して返還を前倒しできないだろうか?

安全を前倒しで確保できないだろうか.

跡地開発も十年前倒しすれば、経済効果も大きい.

2013.04.01 Monday

日本は米軍所属の浮沈空母か?

沖縄が他府県に比べて圧倒的に米軍に占領されているかについて、評論家は土地の面積だけだと宣うが、数字でみてみるとどうだろうか?

米軍は沖縄に限らず日本そのものを良いようにしていると云っても過言ではない.

日本における米軍の専用施設は57、共同利用施設が28ある.また、一時利用可能な施設が119もある.

評論家の御高説で云われている土地については「常時利用面積」で表され、日本全体の74.23%が沖縄にある.

嘉手納飛行場のような専用施設は25、共同などという曖昧模糊とした施設が8もある.共同といってもほとんどが米軍優先で、民間からすれば専用と見なされる.

一方、普段は自衛隊の基地や演習場等で、一時的に米軍も使うという施設119のうち、沖縄にあるのはたった8なのだ.

一時利用を眺めてみると、殆どの自衛隊施設を米軍が利用できると思われる.

いざ何かがあれば、それを理由に米軍は日本に在る全ての施設を沖縄同様に自由に使えるのだ.

沖縄に比べて、他府県には米軍の専用施設は少ないが、共同あるいは一時使用施設はある.其の中でも神奈川県は沖縄に次いで重要施設が多いが、内容的に他府県の専用施設は通信や補給、厚生、住宅、事務所、弾薬保管とおとなしい.

また、佐世保、厚木、座間、横浜、横田などの有名施設でさえ専用ではなく共同となっており、沖縄は日本と云えないくらい別格である.

福岡県ならば板付飛行場は米軍の専用施設でもある.板付と云えば福岡空港であるが、其の中に米軍板付専用地域がしっかりと確保されている.

飛行場と云えば滑走路だが、航空機誘導路と滑走路は日米共同使用で、定期的に米軍機が飛来しており佐世保基地への中継基地として機能している.米軍は民間同様に使用可能で作戦目的にも使用できる.

他に民間使用にバッティングしそうなので重要なのは北海道の千歳、青森の三沢程度である.

2012.11.19 Monday

米国人が鬼畜と言われないために

日本には四万から五万人の米国軍人が駐留している.自衛隊は二十数万人であるから如何に駐留米軍の規模の大きいかわかる.軍属や家族も含めると米軍は十万人前後となる.

この膨大な米軍関係者が日本国内で暮らす訳だからトラブルも多いと想像するに易しいが、特に半数近くが在住している沖縄県では頻度は他府県の及ぶところではない.

最近は不祥事が続いた事により、夜間外出禁止令が出ているのだが、不祥事が止む事はない.

先日も那覇では士官クラス(中尉)が住居不法侵入で逮捕された.

またもや海兵隊である.

駐留する海兵隊は約一万五千人で、ほとんどが沖縄に配備されている.

そういう事でも沖縄の基地問題は深刻なのだ.

米兵(海兵隊)=米国人=危険人物(鬼畜)という公式が沖縄に住む日本人の心に宿らないうちに何とかせねば


続きを読む >>
2012.10.31 Wednesday

辺野古移設は県民の総意なのか?

JUGEMテーマ:普天間


10月28日、沖縄リージョンクラブ(北谷)から宜野湾市役所までの約1キロを約50名が日の丸を掲げながら「普天間飛行場の辺野古移設」を訴えてデモが行われたらしい.このデモ行進を内外では全県民の要求だとみなすような向きもある.

2012.09.06 Thursday

オスプレイ配備反対に対する各自治体の意気込み

台風の影響で
「オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会」
9月9日に延期された

開場は宜野湾海浜公演多目的広場

午前11時から始まる

沖縄本島は勿論の事、各離島からも参加が見込まれており、開場周辺は大変混雑することが予想される

参加者がマイカー利用で開場に向った場合の交通マヒ発生や駐車場の問題を避けるため、沖縄本島内の自治体では各地域住民の送迎を計画している

興味深い事に、殆どの自治体が送迎バスを出すのに対して沖縄市は一切その配慮がない
のだ

ちょうど、当日は沖縄市運動公園で「沖縄全島エーサーまつり」が開催される

まつり会場への各臨時駐車場からの送迎バス体制は万全なのに県民大会への配慮は全く無いのである

これらの事から、沖縄市議会と市長の普天間問題への関心が浅いことが示唆されるのか?

2012.05.15 Tuesday

本土復帰40周年

わたくしは大学に入るまで「沖縄」の存在は意識の中にまったくと言っていい程なかった.

むかしは、この国の教育者(と呼べたか?)達は「にっぽん」の汚い面は子供たちに伝えなかったからだ.

戦前戦中戦後のこと、在日中国人や朝鮮人のこと、部落のこと、アイヌのこと。。。。。

子供たちの周りのオトナ達もそうだった.

汚い国の中で生き、我々を育ててくれたオトナ達は加齢に伴い消滅しつつある.

汚いことは歴史の中に埋もれていくのか.....



続きを読む >>
2012.04.19 Thursday

動き出した尖閣問題

都知事が尖閣諸島を買い取るという話が列島を貫いた.

石原氏らしい言動である.

国が揺らいだ.

中国から買い取りたいというオファーもあったらしく.

誰の物かをはっきりさせておく必要があるだろう.

誰の所有にしろ、人が居住したり、海保の施設や自衛隊の施設を作るなりして何らかのアクションが必要だろう.

▲top