元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2020.03.29 Sunday

新コロナウイルス感染症流行と日本の対応

 テレビではコロナウイルス検査が十分に対応できていないと日本の体制を批判している.

一方、流行爆発が起きているドイツでは、有効な防疫対策を行う上で正確な感染者数を知る必要があり、できるだけの症例を精査している(らしい or と思う)

日本は、まだパンデミックの状態にないので、疑われる症例のうちリスクの高い患者さんを優先に検査する(当然)

診察した医師が「感染の可能性が低い、たとえ感染していてもリスクが低く重症化しにくい」と判断した患者さんについては経過観察入院か自宅で経過観察あるいは自然治癒を促す

できれば、検査なしで処置した症例の中で感染が疑われるものについては「疑い例」として報告してほしい.

地域の感染状況を正確に把握することは「良い防疫対策」を実施する上で重要だ.

知っているに越したことはないが、それをするだけの負荷と流行抑制への貢献を天秤にかければ、検査体制を強化する方が先決.

 それぞれの地域で感染状況が掌握されてるか否かはWHOの状況報告から死亡率を計算すれば大体わかる.

確定症例数(確定診断済み)を分母に、死亡者数を分子にして百分率計算すればいい

例えばドイツは0.8%なのに対してイタリアは十倍以上の11%.

日本は2.9%、中国は4%で、酷いのは合衆国で16%と異常に高い.

同じ人間で同じ病原体なのに死亡率が地域によって大きく異なる.

ドイツの0.8%が本性の真の死亡率に近いとすれば、潜在的な感染者も含めた数はイタリア:100万、日本5-6万、中国30万以上、そして合衆国は240万近いということになる

全世界(死亡率:約4.8%)で推計すると感染者は400万人を超えていることになる.

ただし、異常に高い死亡率は低く見積もられた感染者数だけでは説明できない.

例えば、イタリアの高い死亡率は重症患者の発生が医療機関の能力を超えていることを表しているのかもしれない.

しかし、合衆国の異常な死亡率は如何にして説明されるのか.

重症患者の発生が医療機関のキャパシティを越えたのか、あるいは治療能力が低いのか.

話を正確な感染状況の把握に戻すが、感染状況を表すのは感染率で、Real-Time RT-PCR(マスコミは単にPCRと連呼)による検査で求められず、血清疫学が必要となる.

感染すると、その証拠に体の中に病原体に対する抗体ができる(抗体陽性、非感染者は陰性).

無作為に住民の抗体検査を行えば、その地域の感染率が正確に把握できるのだ.

その結果を男女別、年齢別に解析すればさらに詳しい分析ができる.

感染したけれど症状が出なかった人(不顕性感染)まで探り出せる.

血清疫学が行われるのはこれからであるし、今まさに病で苦しんでいる患者さんに対しては直接の利益はない.

検査に関しては、仮に事態が急転して必要となれば、検査可能な機関(大学などの研究・教育機関)が協力して応じることはできるはずだ

検体からの感染のリスクは検体をあらかじめ核酸抽出まで行っておけば、感染性がなくなるので、高校の理科室でも実施可能である.

 ドイツと日本は流行の状況も防疫・防除のポリシーも異なる.

ドイツは普段から主治医(ホームドクター)制度が普及しており、普段から市民の健康状態が把握されてる.

市民(患者)が最初に接触する医師は主治医で、電話回線やインターネットなどでコンタクトし、主治医が必要と判断すれば医療機関への受診を勧める.

重症化の危険性が低い場合は自宅待機を勧める.検体は医療スタッフが訪問して採取すればいい(主治医によるトリアージュ実施で病院の負担軽減).

医療体制が日本とは異なる.

ドイツは爆発的な流行に見舞われてるのに死亡率は非常に低いのはなぜか.

対して、同様に爆発的流行に見舞われているイタリアの死亡率は異常に高い.

この異常数値は重症患者の発生が医療機関の収容や治療能力を越えていることを表していると示唆される.

ドイツは医療体制がまだ持ちこたえられているのはホームドクターによる患者振り分けにより、専門医療機関は重症例に集中できている、ハイリスクあるいは重症患者数に対して医療機関の医療スタッフや治療機器などのキャパシティーが上回ってるなど色々と理由が考えられると思います.

日本は各地域の分析を十分に行い、しっかり学んでおくべき.

特にイタリアやスペイン、合衆国の失敗例とドイツの成功例を対比させて分析すべきだ.

話は変わるが、主治医制度が浸透していない日本で流行が大きくなれば、市民はどう動くか?

大病院の外来は紹介状なしでは受け付けないから、救急へ殺到する?.

あるいは、近くの診療所(内科系)?.

夜は救急、昼間は診療所が最初の受け入れ口となることが考えられる.

感染しているかもしれない人たちが其処此処右往左往すれば拡大のリスクが増す

電話やネットを最初の相談窓口にするのも一案

回線パンクが考えられるので、テレビショッピングのコールセンターは利用できないかな.

相談員を今からトレーニングしておいた方がいいかもしれない.

地方自治体は医療機関と相談して体制を確立し、市民に周知徹底しておくべき.

自宅療養患者への食事や必需品のデリバリーシステムも考えておくべき.

出前システム持ってるレストランや食堂、宅配業者、郵便配達の出番ですね

2020.03.28 Saturday

3月第4週の新コロナウイルス感染症流行の状況

WHOによる新コロナウイルス感染症(COVID2019)の状況報告(67版3/27付)によれば、確定例のトータルが五十万と九千余り
.うち、二万三千余りが死の転機を取った.

流行当初、猛威を振るっていたのは中国で、一国で八万以上の確定患者を発生させ、三千三百近い人が死亡した.

現在、中国の状況は穏やかで、一日の新規症例数は百余と低い.

今、欧州と合衆国、イランの火の手が強く、当初の中国を凌ぐ勢いである.

中国に次ぐ人口を抱えるインドの状況は何故が静かだ.

また、人口で見ると日本と同程度のロシアは、やはり日本に近い症例数であるが、一日あたりの新規症例数が二百近いので今から大きな波が寄せてきそうだ.

PAHO/WHOの集計(27日付、WHOより新しい)によれば、PAHO管轄する全域で十一万七千近い(含疑い例)新コロナウイルス感染症例がカウントされた.

そのほとんどが合衆国で発生しているのは救いと云える.

他の地域(途上、新興、困窮地域がほとんど)で多くが発生していれば大変な事態となっていただろう.

中でも、爆発的な流行に移行しそうなのがブラジルだ.

確定例こそ三千未満であるが、疑い例が一万一千例あまりもあるからだ.

エクアドルも確定例より疑い例の方が可也多い.

おそらく診察・検査の体制が確立していないためで、南米は今後急増する可能性がある.

不思議なのは中米の発生が然程ではない点.

北米の一部メキシコが合衆国よりマグニチュードが格段に小さいことなどからも、合衆国から南米への侵入が中米を経由していないことが示唆される.

カリブ海・大西洋地域の症例数は千二百余りと少ないが、例えばキューバは確定例が80なのに対して疑い例が523もある.やはり、診察と検査の体制が整っていないと思われ、今後急増する可能性は否定できない.

2020.03.20 Friday

COVID-2019の新状況

アメリカ合衆国、しばらくの間数字を出さないと思ったら、いきなり3500以上の増加で7000を一気に超えた

新大陸でのアウトブレイクは北米を発端に中南米へと広がっています

早く戒厳令を発しないと合衆国と違って制御のしようがないでしょう

そして、ヨーロッパの中韓日のピークを凌駕した数字の伸び方は驚くべきものがある

急な患者増加で医療機関が対応できなくなっている

フランスが新規確定例を「0」で報告しているのは妙だ

ロシアはやっと数字を出し始めた(今後、ドカンと数字を出してくる可能性がある)

中東や欧州から飛んだのかアフリカ大陸からもバラバラと報告が上がってます

中南米同様に恐ろしさを感じます

今は、まだ20万を超えたところですが、来週の数字の伸びが気になるところです

早い段階で国境を閉じて各々の国で出来る対策を取らないとパニックや暴動を招きかねない

軍隊の動員も必要かもしれない

途上国などの貧困地域で大きな流行が始まった時、日本やアメリカヨーロッパなどの先進国はどのような助け舟を出せるのか、今から検討しておく必要がある

先進国は自国のことで大変だろうけど、大局を考えたら医療や食料の援助を早めに準備したほうがいい

難民船で人々が大挙して訪れた場合の対応も

2020.03.20 Friday

新型コロナウイルス感染症の行方

約100年前(1918)にスペイン風邪が世界を席巻した

この流行は第一次世界大戦が続行できなくなった程の規模で、地球人口の少なくとも20〜30%位が感染したと言われている

巨大な流行の後、この疫病は地球上に定着し、季節性インフルエンザとして1957まで地球上に君臨した

当時は感染症学や微生物学がまだ確立していなかった

今はそれらに対する深い造詣がある

国々の統率も取りやすい

なので、今回の新型コロナウイルス感染症の流行はスペイン風邪ほどにはならないかもしれない

江戸の大火で、炎が燃えやすい木と紙で作られた家々を食べ尽くしたように、この疫病が感受性を有する人ばかりが居住している地球上を燃え広がることは否定できない

地球人口の数%が感染するかもしれない(今は20万弱)

そのうちの1%未満が死亡する

2018のWHOの報告によると、世界的な死亡原因のトップは虚血性心疾患(900万余)、次点が脳卒中で600万に少し満たない

三位は何と!「慢性閉塞性肺疾患」

代表的なのは常に車椅子で行動し、酸素ボンベを積んでるアレである

原因の一つが「喫煙」です

四位が「下気道感染症」で300万ほど

今般の新型コロナウイルス感染症は、この辺りに絡んでくるのではないでしょうか?

ちなみに、2000の統計では三位:「下気道感染症」、五〜八位までが下痢症、結核、エイズ、産後の合併症と感染症が占めていたが、2018は「下気道感染症、下痢症、結核」と三症に減少しました

このように短期的にみても人類は感染症と戦い続け、着実に確実に勝ち進んでいることは事実

最終的には季節性のインフルエンザのように定着するのでしょうか?

ただ、インフルはヒト以外の動物、特にトリの類によく感染し、そのことが存続のキーになっている(人獣共通感染症)

その点はコロナと異なり、コロナはインフルほど蔓延らないかもしれません

これまでに、天然痘(やポリオ)のようにワクチンの普及によって撲滅した感染症もあります(ポリオはあと一歩ですが)

それ以外に優秀なワクチンはたくさん開発されており、その気になれば他の感染症の撲滅も夢ではありません

ただ、いくら優秀なワクチンを持っていても、病原体がヒト以外に感染する場合は撲滅が可也困難

例えば狂犬病、こいつは他の(野生・家畜・伴侶)動物にも感染するので、いくら優秀なワクチンでヒトを防御しても撲滅できない

同じような理屈で撲滅できない感染症も数多くあるのが実情

新型コロナウイルスは、恐らくヒト以外の動物が保有していたのをヒトが貰ったと考えられます

なので、撲滅は難しいかもしれないけど、東南アジアやオーストラリアのヘニパウイルス感染症(オオコウモリが自然宿主)のように恐ろしい病気も感染ルートに注意することで、上手く制御できたケースもあるので希望は持てます

感染症学や微生物学(細菌学、真菌学、寄生虫学、ウイルス学など)も重要ですが、防疫学も流行制御には重要です

日本は戦後になって防疫学的な考え方が廃れてしまったと言われている

今後、自衛隊や厚労省から米国のCDC的な機関を発足させることも必要かもしれません



2020.03.18 Wednesday

コロナウイルスは丈夫です

アメリカの専門家チームの報告によれば、COVID2019病原ウイルスの自然環境因子耐性能力は空気中で3時間あまり、モノの表面で3日あまり感染能力を保持する

銅などの活性金属表面では比較的早く(それでも4時間程度)感染性を失う

紙の表面では粗丸一日

プラスチックやステンレスなど不活性な物質の表面では2〜3日感染性を失わない

湿度があると比較的速やかに感染性を失う

空気中での感染性維持が3時間というのはかなり長い

3時間ということは、感染性を有したまま飛沫核で浮遊しているということ

すなわち、空気感染の可能性を示唆する

密閉空間で感染が容易に起こる所以だ

それ以外にエンベロープウイルスに共通して云える事として界面活性剤(洗剤の類)や有機溶媒(アルコール消毒)に弱いので、洗剤を混ぜたアルコール系消毒薬(市販品)が有効

ウイルス一般に言える事として熱に(70度以上)や紫外線(太陽光)、ハロゲン(塩素系漂白剤やルゴールなど)に弱い.



続きを読む >>
2020.03.13 Friday

WHO発、新コロナウイルス感染症の発生状況、第52報から

WHO発コロナ情報ですが、中国の新規確定例は30を切りました

湖北省ですら8例、六万七千余りの確定例を出しながら新規の死亡例は10

つまり、中国における流行は下火になっており、アンダーコントロールにある

一方、後発の欧州ですが、イタリアを中心に猛威を振るってる様子

イタリアは新規確定例が二千例あまりで、新規死亡例は200近い

ヨーロッパ連合は英国も含め軒並み大変な状況で野火が広がるが如し

まだ規模は小さいですが、東欧に広がる兆しがあります

ここに来るまで数字が出なかったロシア連邦ですが、新規確定例が13(トータル20)とピョコンと増えました

今後、爆発的に増加しなければいいのですが・・・

人口大国インドも少し数字が出てきました

流行が始まれば手が付けられない地域ですね

イランだけが激しかった中東ですが、他の地域でも流行が始まったようです(もちろんイランは依然激しい)

トランプさんが太鼓判押した合衆国でも新規が300近く出てきました(アウトブレイク始まってますね)

西太平洋地域はどうかというと韓国が四桁に向かっていますが、新規が100あまりと伸びが鈍ってきました

我が国は検査体制が整ったことで今後しばらくは数字が増えるでしょうね

新規五十あまりで、計六百余り

ダイヤモンドプリンセスに迫りつつあります

ただ、客船の場合は確定例が700で死亡例が7と死亡率が低い

日本は死亡例が15例も出てる(誤差範囲か?)

2020.02.28 Friday

やっと動き出した「国」

やっと、小中高の休校措置

遅きに失したと言われなければいいけど

塾なんかは真っ先に休みだね

親が会社を休めないという問題もあるけど、会社も従業員も我慢せねば

医療機関のコロナ疑い患者受診拒否(事実上、予約のみ)

これに関しては必要に応じて病院を借り上げコロナ専門病院を設ければいい

医療スタッフは厚生省や医学部、その他感染症に詳しい人を招集

通勤による交通機関の混雑を避けるため、企業は時間差操業、在宅勤務など

家庭内で患者発生、あるいは疑い例発生した場合はその家庭は閉鎖

疑われる患者の病院へのアクセスは基本的に救急車、公用車、自衛隊車両、借り上げタクシーなどを使う

2/27の時点で日本のコンファームケースは186で、韓国が1766

この数字をどう見るか

日本の臨床検査は以前遅滞しており、無制限に検査できるようになれば一気に増える可能性を否定できない

アメリカの59例というのも、日本のようなしっかりした保険制度が無い国なので、少々の発熱では受信しないだろう

流行が進み出して、人々の危機感が増せば爆発的に増加するかもしれない

ははーん、案の定、カリフォルニアで数字が伸び出した

トランプはアメリカは大丈夫と明言してたが・・・

イタリアは400例も出ている、新規で78例だ

今まさに勃発の初期段階か

そうなるとEU全体に広がるのも時間の問題だ

注目すべきは中近東の状況

もともとマーズ発生の地

流行の素地はある

報告が素直に上がってこない可能性のある地域でもある

そういう意味ではロシアやアフリカ(サハラ以南)の数字が上がってこないのも気になる

2020.02.28 Friday

ダイハツの被害軽減ブレーキ性能はやはりダメ

ダイハツから発売された新車種ロッキー(トヨタ・ライズと同等)の安全性評価

2/20発表

NASVAの評価によれば、対歩行者性能が全くダメ

まず、対車両は時速50キロメートルで走行した時では10キロ近い速度で衝突しまう

時速10キロで衝突したら結構ダメージある

対人ブレーキだが、時速10キロでは作動しなかった

なせ低速だと作動しないのか、前からある問題だ

10キロという速度で自動車が歩行者に衝突すれば大怪我は免れないのに

次に、15キロに速度を上げると、ちゃんと停止する(不思議)

しかし、40キロまで速度を上げたところで20キロ程度で衝突

時速40キロという速度は一般道ではゆっくり走ってる状態

これで止まれずに時速20キロで轢いてしまう

大怪我必至、もしかしたら死亡事故に・・・

50キロでも40キロで衝突

この速度は普通の速度

死亡事故は必至だ

路側帯に停車してる車から飛び出る歩行者にも作動しないし、夜間もダメ

ディーラーはキチンと説明する責任がある

せっかくいい車を作ったのに、低い安全性とハイブリッドシステムを持たないのは致命的だ

私も、購入を考えていたが、前評判が悪くて購入をやめた次第である

日本の道路事情、燃料価格等々にマッチした本格的小型SUVと期待していたのだが・・・・

1Lエンジンとトヨタのハイブリッドを組み合わせれば、将来の小型ハイブリッド車の燃費性能が見えてきたはず

また、本格的HVであれば1500wの電源としても使え、キャンピングや車中泊、果ては災害時の非常電源として適応できた

トヨタが持っている最高水準の安全運転支援装置を取り込めば、最強の小型SUVに仕上がったはずだ

雪国ではバカ売れだったはず

誠に惜しいとしか言いようがない

レクサスは新しく出したNXとUXは新基準を全てクリアして満点だ

だいたい、やろうと思えばやれるんだ

なのにやろうとしない

ホンダも踏み間違い抑制がだめ

年寄りに使わせられない

2020.02.20 Thursday

国際運送ルートによる拡散

日本国のCOVID-2019(新型コロナウイルス感染症)の発生数が600例を超えてるとマスコミは報道してますが、国内で感染が起きてるのは、その十分の一くらい

多くは国際輸送時に発生したのが検疫で引っかかったり港で足止め食ったりしたもの

詳しくはWHOのHPを参照

2/19の発表で確定診断がついた症例数はHubei(湖北省)が61682例と圧倒的に多いです.

中国以外ではシンガポール81例、次いで日本が73例、韓国が51と続きます.

人口を見るとシンガポールが六百万人に満たない、韓国が五千万、日本が一億二千万

人口に対しての発生はシンガポールが圧倒的に多く、韓国は日本並みなら30例くらいでなければならない.

そう考えると、日本の発生は貿易システムがなかなかよく働いていると言っていいのかもしれない

中国以外の国々は市中感染が急速に広がらないよう、あるいはシャッタウトできるよう努力が求められます.

注目すべきはInternational conveyance(直訳すると国際運送?)で548例も発生している点です.

このInternational conveyanceは何かと言うと、話題のダイヤモンド・プリンセス号という大量輸送観光船のことで、乗客定員2706人、乗組員1100人という超巨大船です.

人類が感染したことのない(免疫がない)病原体に感染した人が、3800人余りの集団にまぎれ込み、長期間インキュベーションされるという特殊ケースであります.

感染症学的には非常に興味深い事例です.

こういう事態が発生することは十分想定できたはずですが、船側で適切な対応が取れなかったことを否定できない

最初と思われる患者(80台男性)は香港から1/10中国本土へ移動
1/17日本に飛行機で渡航
1/19発症(上気道症状)
1/20ダイヤモンドプリンセス号に乗船(於横浜)
1/22鹿児島で下船、バスツアーに参加
1/25香港で下船、1/30香港で入院

一方、客船は
1/27ベトナム・チャンメイ寄港
1/28ベトナム・カイラン寄港
1/31台湾・基隆機構
2/1日本・那覇寄港
2/2香港で下船した男性の感染が判明
2/3日本・横浜

最初患者(香港からの男性)以外の発生
2/5から発生、7日に最初のピーク、10日に同等のピーク
12と13日にも同等のピーク、15日から18日まで毎日同じくらいの発生

再生産数(一人から何人患者が出るか)が3と言われているので、1/20に最初の拡散が起きて3人、4人から12人、16人から48人、64から192、256から768人で計千人あまり

そして次のターンで全員感染

約5回ぐらい回ったことになる

ということは、感染から次の感染が可能になるまで1週間弱

だとすると、船内で最初に感染した者は1/27ベトナム・チャンメイで次の感染が可能になっていた

船の外(ベトナム、台湾、那覇に於いて)と内で2回目の拡散が起きていたことが推定される

事実、那覇では少なくとも2名のタクシー運転手が感染したことが明らかになっている

以降は香港で下船した男性の感染が判明したため直接横浜港で横付けして乗客の下船は中断

ただし、那覇港で下船した22名の所在が不明らしい

和歌山におけるアウトブレイクとの因果関係は不明


2020.02.07 Friday

スバルもトヨタグループ入り

トヨタのスバルに対する出資率が20%に引き上げられ、スバルのトヨタ・グループ入りが実質的になったようです..

今、自動車による環境負荷の軽減が世界的に求められています.

特に、エネルギー効率や二酸化炭素排出等に関して大幅な改善が求められています.

スバルは自動車技術としてイイものをたくさん持ってるのですが、所謂「燃費」が社会の要求と大きく乖離している.

今般のグループ入りで、トヨタが持ってる技術力を大いに活用できることになる.

2030年度、日本で要求される燃費はWLTCモードで25.4km/Lです(企業別平均燃費基準方式;CAFE方式)

WLTCモードは2018年10月から導入された燃費計測方法で、実質的な燃費に近く、市街地、郊外、高速道路に分けて計測され、これまでのJC08モード燃費より厳しい測定法になる.

スバル車の燃費はいいとこリッター15キロ程度(60%)

スバルは単独で2030年規制をクリアできるか不明.

では、現時点で規制をクリアできる現行車両はあるのか?

試しにトヨタのサイトを調べてみると、ハイブリッドでも何でもない普通のエンジン(NA)でクリアできるのは最新の軽自動車(ダイハツ製)のみで、ハイブリッド車(カローラやアクア、プリウス等)しか達成できないのだ

WLTCでベストな値を出しているのはトヨタのヤリス(ヴィッツ後継車種)で36km/L

次点が新カローラで29〜30キロ

ホンダはどうかというと、このメーカーはWLTCモードで表記しない、つまり2030年規制達成は怪しいと考えられる

唯一、インサイトというのがWLTCで28.4を達成している

この車種のJC08燃費が34.2なので、83%

インサイトのハイブリッドはホンダのハイブリッド三種のうち一つで、将来はこれに統一されるようだ

この率で新しいフィットのWLTC燃費を予想してみる

仮にJC08が38であれば31.5km/Lというところか

日産がエンジンを発電専用にしたシリーズ・ハイブリッドを開発し、小型車種のノートで最大37〜28キロ(JC08モード)

7〜8掛けで推定すると悪くて26〜20、良くて30〜22キロだ

企業別平均燃費基準方式で25.4km/Lをクリアできる企業は地球上に存在するのでしょうか?

現時点ではEVだけ生産販売してるテスラなどの特殊メーカーしかない

将来、企業全体で25.4Km/Lをクリアするには、小型のハイブリッドを大量に販売し、高級あるいは大型重量級の車種については膨大な電池を搭載したEVやPHEVを半分ほど売るしかない

これは本当だと思う.

世界的には今からトヨタやホンダのようなハイブリッドシステムを新たに構築するのは遅きに失した感があり、マイルドハイブリッドで御茶を濁し、高額車両についてはPHEV、一気にEVにシフトするしかないのだろうか

トヨタ傘下に入ったメーカーはトヨタの技術を隈無く大いに活用すべき

英国は自動車のゼロエミッションを2050に実現すると目標を掲げ、2035には英国でハイブリッドを含むガソリン車やディーゼル車の販売が規制される

この時にプラグインハイブリッドが含まれるかは明らかではない

たとえ電池容量を増やしてプラグインに改良しても、その15年後にはゼロエミッションにしなくてはならない

これはEU離脱した英国の規制であるが、EUは2030の二酸化炭素排出を21年比で37.5%減らすよう要求している

これはEU諸国のメーカーの技術力では不可能で、非常に難しい燃料電池より通常充電池をたくさん搭載したEV車の開発が一番考えやすい

日本のメーカーは内外のこれらの規制に足並みを揃えることができるのだろうか



燃料電池車かEVしか売れないということになる




続きを読む >>

▲top