元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 共同軍か?! | TOP | 北朝鮮も終わりか? >>

2019.04.02 Tuesday

交通事故を減らしたいなら

日本で販売される自動車は年間約500万台である

そのうち、約200万台(40%)は軽自動車である・

軽自動車は日本独特のジャンルだから世界的に特異的な点である.

大きければ安全という見方が無くはないが、一般的にクラウンとミラならぶつかった時の安全性は前者の方が圧倒的に高い.

つまり、日本の運転手の運転の質が同じとすれば、40%の車両のパッセンジャーが60%の人に比べて、より危険にさらされている.

全てのパッセンジャーの安全性をフェアにするためには軽自動車の安全性のレベルを引き上げる必要がある.

そのような観点から、ホンダと日産三菱の軽自動車は他社に比べて数歩先に進んでいると言える.

また、軽自動車から被害を受ける歩行者の安全性も引き上げなければならないが、その点においては何のメーカーも立ち遅れてる.




2019.07.15 Monday

スポンサーサイト


08:16 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://dengue-4.jugem.jp/trackback/1013

トラックバック

▲top