元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< トヨタが特許公開 | TOP | 池袋暴走、アクセルベタ踏みか?! >>

2019.04.12 Friday

ブラックホールの撮影に成功?

ブラックホールは光を含む全てのモノを捉えて離さない

したがって、完全黒体、光を当てて反射しないから見えない

ブラックホールは見えない、撮影できないというのが本当のところだ

しかるに今般撮影したという報道が巷に溢れている

どういうことか?!

見えないから、写真機でパチリとやっても写らない

だから、電波を使った

世界中にある電波望遠鏡を組み合わせて地球くらいの大きさの電波望遠鏡の解像度にすることで可也遠くのモノも撮影(観測)できる

ブラックホールは近寄って来る有りとあらゆるモノを強力な重力で引き寄せ吸い込んでしまう

引き込まれる刹那、超高速で膨大な圧力に見舞われ全てのものは押しつぶされ引き裂かれる

その時、電磁波がX線や光、電波として発生し、一部は重力の引き込みを逃れて外に逃げ出すのだ

これを電波望遠鏡で捉えたというのが今回の撮影という話に展開した次第だ

つまり、ブラックホールが写されたのではなく、ブラックホールの外側で発生した電磁波を捉えて可視化したというのが正しい

もし、周りに吸い込むものが極めて少なく電波の発生がごく僅かな場合は、近くを通過する光の進路が重力レンズで曲げられるので背後の星の見え方が歪む

そして、ブラックホールそのものは真っ黒で見えない

これら2点にによって、同じように可視化することができるはずだが今の所観察されたことはない


2019.07.15 Monday

スポンサーサイト


09:05 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://dengue-4.jugem.jp/trackback/1020

トラックバック

▲top