元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ブラックホールの撮影に成功? | TOP | パジェロ生産中止 >>

2019.04.24 Wednesday

池袋暴走、アクセルベタ踏みか?!

ブレーキと間違えてアクセルベタ踏みでしょうね

EDRを解析すればすぐわかること

現場検証と犯人の証言だけでは判断を誤る

最近の車は秀逸なアンチロックブレーキシステム搭載だからフルブレーキしても昔みたいにブレーキ痕残らないしハンドルも結構効く

それにフルブレーキ踏んでたらあんなこと起こらない

ブレーキ踏んでないから超高速で歩行者をはねたり衝突を繰り返した

そんなことありえないというのが常識人

ペダル踏み間違えはどんな年齢層でも起こす

むしろ弱年齢層の方がよく起こす

しかし、重大事故を招くのは高齢層

なぜか、認知(識)能力が低いから、間違い起こして、それを認識して、修正する動作が全てにおいて遅いし、判断能力劣るから正しく修正できない

そして重大インシデント

やはり、踏み間違えしたら重大事故につながらない機構を車に持たせることだ

赤信号を全速力で突っ切った

赤信号や止まれは今のADAS技術では完全に制御できる

なぜやらないのか、国が禁止しているからだ

これを強くいう国会議員を出さなきゃダメだ

この事件で興味深いのは犯人が拘束されていない点

二人も殺した上に多くの人に怪我を負わせた罪は大きい

なぜ拘束されないか

それは犯人が元官僚で大会社の副社長も務めた経緯を持つから

おそらく、牢屋にぶち込めば、省庁や政財界からの圧力が必至だ

犯人は「ブレーキが・・・・」「ブレーキを・・・・」と主張している

警察はブレーキをかけた痕跡を必死に見つけようそしている

見つかれば、不起訴扱いで幕を閉じるつもりだ

ブレーキかけたのに暴走したということが認められればトヨタが悪者になる

科学的証拠(EDRなど)を証拠に裁判で闘うべきだ

吉祥寺で起きた同様の事件でも85歳の犯人は弁護士だったため逮捕されなかった

5/17の時点で、警察はメーカー立会いのもとで事故車両を検査した旨公表

ブレーキやアクセルには何ら問題がなかったということ

今後は書類送検されて検察が精査、裁判という運びになるのか

ドライバーはあくまでブレーキを踏んだが効かなかったと主張しているという

裁判では車に搭載されているEDR(Event Data Recorder)の解析結果も証拠として提出されるはず

ドライブレコーダーの解析等で車両速度は時速100匐瓩に達していたという

もしブレーキを踏んでいれば衝突時の速度は最小限にとどまって惨劇には至らなかったはずだ

容疑者自身が肋骨を折るなど負傷していることからも暴走の程度が推測される

容疑者の退院を待って、運転ミスによる事故の立件(過失運転致死傷)に向けて捜査が進展するようだ

過失運転致死傷の最高刑は7年の懲役、罰金100万円だ

医師から運転を止められていたにもかかわらず強引に運転していた

事故の大きさ

事故後、自分の非を認めない

罪は重い

しかし、元官僚、元副社長、元通産省工業技術院院長、85歳という高齢

などが酌量に働いて執行猶予が付くか否か


2019.07.15 Monday

スポンサーサイト


09:00 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://dengue-4.jugem.jp/trackback/1021

トラックバック

▲top