元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< マークX生産終了 | TOP | マツダの新エンジン >>

2019.05.28 Tuesday

それなのに直6復活

トヨタはフロントエンジンリア駆動、つまりFRのマークXを廃盤とした

しかし、BMWとの共同開発でスープラを復活させた

パワートレーンパワートレーンを見ると2Lと3Lのエンジン

2Lは直列4気筒だが、3LはV6ではなく直列6気筒だ

概ね、ほとんどのメーカーは直列よりV型を選ぶ

それが世界のトレンド

排気量もできるだけ小さくして、足りないパワーはターボや電気モーターで補う

それに逆らうメーカーもある

例えばマツダだ

多くのメーカーが電気モーター併用か電気モーターのみの動力を選ぶ

マツダは内燃機関だけで切り抜けようとしている

この度は直列6気筒エンジンを復活させるという

もちろん新しいテクノロジーであるHCCIを組み合わせる

おそらく電動過給器や電気モーターも組み合わせて

大型高級クーペの動力に使おうという魂胆か

でもそれはペイできるのか?

2019.07.15 Monday

スポンサーサイト


18:06 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://dengue-4.jugem.jp/trackback/1024

トラックバック

▲top