元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< マツダの新エンジン | TOP | クルマは安全第一 >>

2019.06.10 Monday

背に腹はかえられぬ

石油井戸から車両(ウィールトゥウィール)と言ってEVに否定的だったマツダもEV宣言

世界中が要求している「二酸化炭素排出の大幅削減」に応えられなくなってきたからだ

技術を持たないメーカーはテスラなどの既存メーカーから技術供与を受けてEVを販売する

スバルもトヨタからHVやEVの技術を供与されて対応している

つい最近は共同でEVのSUVをプラットフォームから開発すると言う

そしてマツダもEVを2020に

さらに数種類のPHEVを2021-2022までに販売すると云う

もうなりふり構って居られないというところだうか

もう一方のスバルは水平対向エンジンがウリ、というより必須の動力

ストロングハイブリッドを取り入れる場合、二つのモーターは必須だ

米国で発表されたスバルのPHVはどうだろうか?

それが完成形なら日本での販売もあってしかるべき

それができないのはアメリカが要求しているZEVにパッチを当てただけ

本格的で売る気などないと判断できる






2019.07.15 Monday

スポンサーサイト


18:03 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://dengue-4.jugem.jp/trackback/1028

トラックバック

▲top