元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 米国のトヨタ車に二つの安全機構 | TOP | お笑芸能界は自らを貶めている >>

2019.06.18 Tuesday

マツダとトヨタ、OEMを超えた繋がり

マツダはOEMでトヨタの商用バン、プロボックス/サクシード、そしてハイエースを自社名で販売する

以前からトヨタのハイブリッドシステムを採用してきた

そして、海外ではデミオ(海外ではマツダ2)をトヨタがトヨタ名で販売

おまけに日本では販売してないデミオセダンも海外で販売していた

(最近、デミオセダンは教習車専用として国内販売するようになった)

どうやら両社の繋がりは更に深化するらしい

日本で販売するヴィッツがデミオと共通化する

今開発中のマツダの直列6気筒(直6)エンジンを搭載する高級スポーティーラグジュアリーセダンがプラットホームごとトヨタが採用する可能性が出てきた

エンジンをフロントに縦置きし、後輪駆動となる

マツダではアテンザ(マツダ6)の後継車

今の2リッター直4エンジンを6気筒化するので3リッターだ

マツダの予混圧縮着火、SPCCIで高出力、低燃費化が図られる

単純計算だと270馬力だが、300〜400馬力に洗練されるかも

トルクも40〜50kg程度か

また欧州で一般的な48Vハイブリッドシステムも採用

トヨタでは新マークXでしょうか?

おそらくレクサスも採用

この辺りを見据えるとプラットフォーム作りからトヨタがインボルブしてくる可能性がある

トヨタはBMWの直6エンジンをスープラに使ってる(プラットフォームごとだが)

トヨタはスバルとの共同でスポーツカー86を販売してる

今後、86のモデルチェンジと次期MRの開発販売でも協業する可能性が噂されてる

一般車種の電動化においてもトヨタとの繋がりが深くなる

トヨタは販売体制が一本化されるが、そうなれば今までの店舗の何分の一かは不要になる

店を閉めるのではなく販売網の希薄なスバルやマツダ、会社の店舗として再生する可能性もある

2019.08.23 Friday

スポンサーサイト


08:16 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://dengue-4.jugem.jp/trackback/1031

トラックバック

▲top