元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< WHO発、新コロナウイルス感染症の発生状況、第52報から | TOP | 新型コロナウイルス感染症の行方 >>

2020.03.18 Wednesday

コロナウイルスは丈夫です

アメリカの専門家チームの報告によれば、COVID2019病原ウイルスの自然環境因子耐性能力は空気中で3時間あまり、モノの表面で3日あまり感染能力を保持する

銅などの活性金属表面では比較的早く(それでも4時間程度)感染性を失う

紙の表面では粗丸一日

プラスチックやステンレスなど不活性な物質の表面では2〜3日感染性を失わない

湿度があると比較的速やかに感染性を失う

空気中での感染性維持が3時間というのはかなり長い

3時間ということは、感染性を有したまま飛沫核で浮遊しているということ

すなわち、空気感染の可能性を示唆する

密閉空間で感染が容易に起こる所以だ

それ以外にエンベロープウイルスに共通して云える事として界面活性剤(洗剤の類)や有機溶媒(アルコール消毒)に弱いので、洗剤を混ぜたアルコール系消毒薬(市販品)が有効

ウイルス一般に言える事として熱に(70度以上)や紫外線(太陽光)、ハロゲン(塩素系漂白剤やルゴールなど)に弱い.



朝とか昼のバラエティー的ニュース番組をちょっと聴いたら、勝手なこと言ってる

流行が終息?

な訳ないだろう!

そんな簡単に感染がなくなることはない

放っておけば、爆発的に広がるだろうけど、上手く制御すればゆっくりと広がるでしょう

その隙に、ワクチンを開発したり治療法を確立する

罹って困るハイリスクグループの人達は温順しくしておくこと

大事になってもよければ出歩きなさい、ということ
2020.04.24 Friday

スポンサーサイト


08:52 | - | - | -

コメント

コメントする









▲top