元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 新コロナウイルス感染症流行と日本の対応 | TOP | 新型コロナウイルスの感染経路と予防 >>

2020.04.24 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2020.04.03 Friday

新大陸における新コロナウイルス感染症の流行実態

基本的に患者発生の中心はアメリカ合衆国である

4/2付のPAHOの報告によれば、支局管内の確定例は24万余りで、21万あまりが合衆国で発生している

報告書を見て気になった点が一つ

これまで"Suspected"としていた項目がなくなり、代わりに"Probable"という項目が設定された点である.

Suspected case(疑い例)というのは症状から疑った症例で、科学的根拠を持っていない.

そこで、確定診断を行って白黒をつけるわけである.

今般はウイルス遺伝子検出が一般的である.

Probable case は 遺伝子検査をしていない(あるいは検査で陰性であった)が、臨床症状を含めて色々な状況から可能性が非常に高いと解釈できる.

これまでの Suspected case はどこに行ったのか?

報告書の表から消えてしまった.

おそらく、Probable case の外側に膨大な Suspected case があるはずだ.

2020.04.24 Friday

スポンサーサイト


08:18 | - | - | -

コメント

コメントする









▲top