元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< あまり大声では言えないけど | TOP | ウイルス検査の話 >>

2020.04.24 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2020.04.09 Thursday

最大限の努力を

Sさんが経営している飲食店も閉店状態

日頃の疲れを癒すために田舎の温泉に

人が少なくて安全だ

聞こえはいいです

その考えは一方向から見ればナイスと思われますが

それは全くウイルスに感染していない人だけに当てはまります

多くの人が、人の少ない地方に散らばれば、今まで流行していなかった地域に火種を投げ込むことになるのです

仮に、自分の部屋で二週間経過観察して、感染していないことを確信して出かけても、道中で感染する可能性もあります

人との接触を70%、できれば80%以上避けることが流行拡大を抑えることに繋がるらしいです

必須のこと以外については100%近く避け、どうしても避けられないことでも40%近く避ける.その中間のことについては80%前後避ける.これを1-2ヶ月続けなくてはシャットアウトできないという推計があります.70%だったらダラダラと何ヶ月もかかる.20%だったら全く意味がないそうです.

これは全国民の覚悟です.

インフルエンザが猛威を振るえば、1シーズンに数百万人が感染すると言われています.

ほとんどの人々が全く免疫のない新コロナウイルスなら一千万人単位で感染するでしょう(何もしなければ)

3-4割がほとんど症状無し、3-4割が典型的な症状、2割前後が重症化と言われていますから、仮に一千万人が感染すれば二百万人くらいが重症化して入院加療が必要になります.

この国の医療機関全部合わせて集中治療できるベット数は二百万に全く足りません.

これをなんとか二万、二千に抑えようと皆努力しているんだと思います.

政府は二百万の国民がのたうちまわること考えたら、できるだけの金を使って欲しい(生き金を)

2020.04.24 Friday

スポンサーサイト


09:08 | - | - | -

コメント

コメントする









▲top