元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 西ナイルウイルスは我が国における新たなる驚異となるか | TOP | コメントをお願いします >>

2020.04.24 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2004.08.12 Thursday

遺伝子組み換え植物の開発と応用

ポリオワクチンを除く殆どのワクチンは注射するタイプです。皆さん、注射はお好きですか?


ワクチンは注射して接種するので雑菌やウイルス、アレルギーを起こす夾雑物などの汚染を防ぐために、厳しい管理の元で製造されています。一方、地球上の全ての人が病原体に感染するリスクを負っていますが、栄養状態や衛生環境を考えると、感染症の脅威に晒されている人口のほとんどは発展途上国に集中していると思われます。発展途上国ではワクチンの有効性と安全性は勿論ですが、製造や保管、接種にかかるお金が安いことも重要です。しかし、発展途上国が自前でワクチンを開発したり、製造することは経済的・技術的に困難であることは誰しも理解できると思います。さらに、注射するワクチンには必ず注射器が必要です。そして、注射する専門家が必要です。ワクチンを保存する冷蔵設備や僻地に運ぶための運送手段も必要です。

これまでのワクチンの問題点を打ち破るための手段として「食べるワクチン」を提案します。
2020.04.24 Friday

スポンサーサイト


10:22 | - | - | -

この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top