元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ハイブリッドの大衆車 | TOP | 電気自動車はゼロエミッションじゃない >>

2020.04.24 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2009.10.07 Wednesday

麻薬に対するワクチン

ワクチンといえば、感染症の予防(一部治療)を目的としたもの.だが、ワクチンは免疫を利用しているので他の疾病に対する利用も考えられている.たとえば、麻薬に対するワクチンなんていうのもある.

Archives of General Psychiatry誌の十月号に掲載されているBridget A. Martellらの論文は非常に興味深い.タイトルはCocaine Vaccine for the Treatment of Cocaine Dependence in Methadone-Maintained Patients.これはコカイン中毒の患者の治療にコカインワクチンを使おうというもの.コカインに対する免疫を誘導して、体内に入ったコカインの作用を無効にしてしまう戦略である.アメリカみたいな麻薬にどっぷり侵されている国では乳幼児の段階でワクチン接種してしまえば、最初からコカインが効かないので反乱防止になるかも.
2020.04.24 Friday

スポンサーサイト


19:08 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top