元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< もっとも貢献した発明は? | TOP | エコカーを普及させるには >>

2009.11.10 Tuesday

レンズを取り替えるかボディを取り替えるか

いまや、カメラと言えばデジタルカメラで、すでに写真はデジタルに席巻されてしまった.
デジカメの特徴を生かした新しいタイプのカメラが続々と市場に出ている.

そのなかで、リコーが此の度リリースしたデジカメは面白い.

デジタルカメラは昔のフィルムの役割を撮像素子と画像処理回路、メモリが担う.他の機能はこれまでのフィルム式カメラと大差ない.現行のデジカメは大別すると二つに分けられる.一つは全ての機能が一体になって分けられないもの.一般にコンパクトデジカメ、コンデジと呼ばれるものだ.もう一つはレンズが交換可能で、それ以外は一体になっているデジタル一眼レフと呼ばれるもの.メモリに関しては取り外し可能なものと組込みタイプがある.他にフィルムの役割を担う撮像素子、画像処理回路、メモリ部分を一つのパッケージにし、レンズ、ボディをそれぞれ独立させたものがプロ用の中判大判カメラに存在する.

リコーが発表したデジカメは一寸面白い.撮像素子、画像処理回路、レンズを一つのパッケージにしてボディと切り離したのだ.普通の考えではレンズだけを独立させてレンズ交換式カメラとするのだが、リコーはボディを交換式にしてしまった.

ボディの大きな機能は電源と画像確認用液晶、メモリ差し込み口で、非常に重要な部分はレンズ/撮像素子ユニットにある.

将来、撮像素子や画像処理回路の良いのが出来た時には交換できるというところだろうか?

しかし、その時はレンズは捨てなければならない.

少なくとも、レンズは独立させるべきだった.

レンズは古くても(極端に言えば戦前のもの)秀逸なものは沢山あり、捨てるのは忍びない.

撮像素子と画像処理は日進月歩の世界だから新しいのに交換して古いのは捨てるというのは理解できる.

画像確認用の液晶もどんどん高精細になり進歩しているので、交換式でも良かった.

リコーは何故そのような理屈に合わないものを作ったのか.

もしかしたら、画像処理回路は本体側にあるのか?

レンズにドンピシャマッチした画像素子をレンズに固定したかったのか?

事実、レンズ毎に撮像素子が異なるようだ.

レンズ/撮像素子ユニットは二種類あり、5から7.5万円.ボディは5万円.

2019.07.15 Monday

スポンサーサイト


23:11 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://dengue-4.jugem.jp/trackback/303

トラックバック

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5000 ダブルズームキット D5000WZ
Nikon デジタル一眼レフカメラ D5000 ダブルズームキット D5000W...
(お買得情報連絡便り 2009/11/11 10:23 PM)

▲top