元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 中国は食に対する安全感覚が麻痺している | TOP | オーストラリアの野良猫対策 >>

2010.03.20 Saturday

どうなる郵便事業

郵政民営化に伴い郵便、保険、貯金の三つが各々独立するといわれていた.保険と貯金は莫大な金を溜め込んでおり、民営化されてもびくともしないだろう.しかし、本来の郵便事業はどうだろう.今や民間企業に圧されて危うい立場だ.
特に郵便事業は集めたり仕分けたり配ったりと人手を要する.その人手の多くが正規の社員ではなく臨時雇用の非正規社員で支えられていた.国営の時は他事業や政府が非正規職員の雇用を支えていたようなもの.民営化され独立して利益を出すには余りにも負担が大きい.

そんな状態で、非正規社員を10万人規模で正規社員として起用するという.三千億円の負担だという.

前途多難な計画であるが、非正規で家計を支えている方々も多いので、なんとかしなければいけないと思う.

その後、リストラの嵐が吹きまくるのか.そうなれば、国家的雇用不振の氷河期に陥る恐れも想定される.

現政権はそれを乗り切れるのか!?
JUGEMテーマ:ニュース



2019.07.15 Monday

スポンサーサイト


11:23 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://dengue-4.jugem.jp/trackback/324

トラックバック

▲top