元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ゼロエミッション規制が商売に | TOP | 3列シートのSUVアリやナシや? >>

2017.09.18 Monday

トヨタから新しいハイブリッド車

アクアという名称.プリウスより小型軽量で、値段も30万円安い170万円程度.何と言っても注目すべきはリッター40キロという燃費である.

先日、レンタカーで使って見たら、郊外を100キロメートル弱走行して5リットル弱のガソリン消費であった(鼻笑)

ノーマルの日産ノートでもリッター20くらい走るので、トヨタのHV大したことない


先日、マツダからノーマルでリッター30キロ走る小型ガソリン車デミオが発表された.また、軽自動車で同値を出したモデルも発表された.

値段が高いハイブリッドは不利な立場に追い込まれたが、アクアはどうだろうか.マツダのリッター30キロカーは約140万だから30万高い.

リッターあたり10キロの差.年間一万キロ走ったとして、アクアの消費燃料は年間250リットル、一方デミオは333リットルで年間の差が83リットル、リッター140円なら年間12000円のお得.

30万円の差をペイできるのは25年後だ.10年で買い替えるなら損という事になる.

仮に、リッター50キロで走るヴィッツクラスのHVが150万くらいででれば、10万円の差額をリッターあたり20kmの好燃費で凌駕できるかもしれない.年間133リットル(18620円)節約すれば、五年強でペイできる.車体は小さくなるけどね.

そのうち、トヨタもマツダと同じようなエンジンを開発して、HVの燃費を一律向上させることも考えられる.

がんばれ自動車会社、目指せリッター100キロ.

そんなこんなしているうちに、化石燃料で走るクルマは絶滅するかもしれない.

2020.03.31 Tuesday

スポンサーサイト


20:39 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top