元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 太陽光エネルギーの40%を電気に | TOP | まったく! >>

2011.11.09 Wednesday

医療ビジネスの開拓

この2年余り、小生は人間ドックの受診をサボッている.健康に興味がないというわけではなく、今の人間ドックに惹かれるものがないからだ.

昔は胃カメラなどドックでやってもらうとが結構楽しかった.しかし、その他の検査はどうだろうか?

人間ドックという特別性が感じられないのだ.

魅力というか何と云うか.

医療関係者はこれを聴いて「バカじゃない?」と思うかもしれないが、利用者は結構プレミアム感というか特別性というか、職場の健康診断では味わえない何かを求めているものだ.

勿論予防医学、早期発見医学というのは一番大事で、病気になってからというのは今の世ではださい.

ドックというのは結構めんどくさいものである.心の準備、気合い、そして予約、実務的な準備。。。。とめんどくさい.

それに見合う何かがドックから得られないような気がするのだ最近は特に.

これは医療機関の怠慢だと小生は感じている.

だから、予約するアクションがとれない.

最近、500円で一項目検査、結果が即出るという靴磨きのような、駅の立ち食いそば的な検査サービス「ケアプロ」が登場した.

これは、ドックのような厳密感はないが、お手軽感がある.

ドックは自前で受けると何万円もかかるし、色々とハードルがあり、あまり気軽に受けるというようなものではないが、一項目ワンコインで、即結果が出るのであれば、お金のない人、めんどくさい人、色々躊躇する人、本当に忙しい人達には便利なサービスである.

このサービスは日本の法律に触れないのか、医学会がもの申さないのか不安材料はある.


2019.07.15 Monday

スポンサーサイト


09:50 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://dengue-4.jugem.jp/trackback/524

トラックバック

▲top