元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< センター試験大混乱 | TOP | 清明祭 >>

2012.01.18 Wednesday

画面が汚いのか、テレビがボロいのか

兵庫県知事がNHKの大河ドラマ「平清盛」を視聴して「画面が汚い」と批判した話は世間に広く知られているところである.我が家のテレビでは非常にクリアの映し出されている.

おそらく、知事の自宅のテレビがボロなのか、電波の受信状況が悪いのであろう.


確かに、ドラマで表現されている武士や民の身なりは垢と埃にまみれて貧相であるが、むしろ事実に近いのではないか.

おそらく、綺麗な身なりをして贅沢が出来たのは一部の人間だったのだろう.

事実に近い表現をする傾向は前回の「龍馬伝」でも見受けられた.

このような演出はよりリアリティが感じられ好感がもてたのは自分だけか.
2019.07.15 Monday

スポンサーサイト


20:54 | - | - | -

コメント

今海外(韓国)に居まして、赤ちゃんの脳炎ワクチン接種で悩んでます。韓国では今日本では使用していない(ネズミのからワクチン)以前の今海外(韓国)に居まして、赤ちゃんの脳炎ワクチン接種で悩んでます。韓国では今日本では使用していない(ネズミのからワクチン)以前のワクチンと生ワクチン二つの中で選べるようになっています(ポリオは生ワクチンは使用しないです。)。私の係りのお医者さんは脳炎ワクチンの場合は生ワクチンの方が安全と言います。でも、そうではないと言う先生もありそうで。。こちらで言いました、生ワクチンの話を読むと恐ろしい。。どちらを選ぶべきでしょうか。
2012/03/19 5:28 PM by HyunSun Lee
HyunSun Leeさん

韓国のワクチンに関しては詳しく知りませんが、日本脳炎のワクチンは感染マウス脳乳剤を原料にした精製不活化ワクチンと生ワクチンがあるようですね.

マウス脳から作るワクチンは不活化した脳乳剤からウイルスを濃縮して精製したもので、日本と韓国では昔から利用され実績があり、高い安全性も確認されています.しかし、非常に稀ですが重大な副作用が発生し、現在は原料を培養細胞からのウイルス液に切り替えられております.

韓国で使用されている生ワクチンは中国が開発したものだと記憶しています.有効性と安全性については中国での沢山の使用が証明していますが、日本では使用が認可されておりません.生ワクチンは弱毒化したウイルスを生きたまま注射します.万が一、弱毒化されてたウイルスが強毒化たら脳炎を起こしてしまう危険性があるというのが認可されない理由の一つだと思います.ポリオの生ワクチンは体内で強毒化することが知られています.

不活化か生ワクチンかの選択ですが、私の口から申し上げることは色々な事情からできません.ご理解下さい.

ただ、絶対安全なワクチン、絶対効くワクチンというのはないということは申し上げていいと思います.

生ワクチンと不活化ワクチンの危険性に大きな違いは無いと理解していますが、重大な副作用は殆ど無いといっていいと思います.ただ、発熱や注射した部位の腫れなどの軽い副作用は割とあると思います.

日本脳炎は感染した人の10分の1から1000分の1くらいが脳炎を発症する病気で、発症しなかった人は発熱、倦怠感などで終わってしまい、感染したことがわからないことが多いのです.

しかし、日本脳炎を発症してしまうと約3分の一は回復しますが、残りは脳炎で死んだり重い後遺症が残る恐ろしい病気です.

病気が流行している地域では病気の危険性と比べたらワクチンの危険性は非常に小さいのではないでしょうか?

このような説明しかできないことを御詫び申し上げます.
2012/03/27 4:53 PM by 管理人

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://dengue-4.jugem.jp/trackback/555

トラックバック

▲top