元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< うーん!少年の稚拙な行動 | TOP | 隕石が地球に衝突 >>

2013.06.13 Thursday

フルサイズのペンタックス

時々、泥沼の泡の様にフッと思い出すフルサイズのこと

フィルム時代はオリンパスからキャノン、そしてペンタックス
ほとんどボディが壊れるまで使った

デジタルになってしばらく値段が高くて手が出なかった

最初のistDはすり切れるまで使った

次のK10Dは些かどころか非常に残念な思いをさせられた

APSのくせにでかくて重く、AFがダメ

手振れ防止は良かった

これでペンタックス不信

かといって他のマウントに乗り換えるのも嫌で

もしかしたら出るかもしれないペンタックスのフルサイズを少しだけ待っている

最近、キャノンが出した廉価版フルサイズが気になりだした

手持ちのプラナーが使える

ペンタックスが今年中にフルサイズを出す様子を見せなかったらキャノンを買おう

2020.03.31 Tuesday

スポンサーサイト


16:10 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top