元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 後先を考えぬ「原子力回帰」 | TOP | 三十年前の瑞穂 >>

2013.11.08 Friday

20ミリシーベルトは安全圏

福島の原発事故で周辺住民が被爆した件について、政府は年間に20ミリシーベルト以下であれば安全だと見解を示した.

ラジオアイソトープを扱う研究施設では緊急被爆作業を除いて、5年間で100ミリシーベルト、年間で50ミリシーベルト、女性は3ヶ月で5ミリシーベルト、妊婦は妊娠の事実を知ったときから出産まで1ミリシーベルトと規定されている.

また、施設内への年少者の立入りは想定されていないので、乳幼児や小児に於ける線量限度は規定されていない.

しかし、福島の場合は年齢、性別、妊娠の有無に関係なく被爆しているにもかかわらず、今回の指針には女性、妊婦、年少者への配慮はされていない.

2019.07.15 Monday

スポンサーサイト


09:03 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://dengue-4.jugem.jp/trackback/680

トラックバック

▲top