元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 泡盛の変わった楽しみ方 | TOP | 泡盛の熟成方法 >>

2013.11.22 Friday

新出生前診断

胎児の疾患の有無を検査する方法が一般的になってきた.

色々な方法と目的があるが、遺伝的疾患を発見すると云うのもひとつである.

早期発見して胎児の命を救うというのもあるが、疾患を有する胎児を排除する目的で検査する場合も想定される.

最近の技術進歩により、妊婦の血液を調べることで胎児の遺伝病が検査できるようになった.

所謂、新出生前診断という方法だ.

今までの羊水等を調べる侵襲性の高い方法に比べて気軽に行える.

此の新しい検査を受けた三千と五百の症例について行われた追跡調査の結果が発表された.

67例で何らかの遺伝的疾患が疑われ、うち62例が従来の羊水検査による確定診断を受けた.

62例のうち54例が遺伝子疾患であると診断された.

54例のうち53例の親が妊娠中断を望んだという.

とても考えさせられる調査結果である.




2020.03.31 Tuesday

スポンサーサイト


10:01 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top