元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 三度目の正直なるかペンタックス | TOP | ものいらばちちしみよ >>

2015.02.06 Friday

まともじゃない

JUGEMテーマ:テロリズム

JUGEMテーマ:事件・事故

理解の範囲を超えた事件というのは稀有なようであるが、広い世の中でほぼ毎日のように起きている
日本のサリン事件のニュースは米国在住の時に舞い込んできた.職場の上司はこのことを非常に深刻に捉えていたが、自分には阪神大震災の方が大事件であった.
アメリカの貿易ビルに旅客機が突っ込んだときはラオス在住の時で、テレビをつけっぱなしにして寝ていた時、夢うつつの状態でニュースが舞い込んできた.まるで、アクション映画のようで現実の出来事とは思えなかった.
ビルの爆破、自爆、内戦、無人機や遠隔操作による攻撃・・・・自分の理解の範囲を超えた非現実的事象だ.
しかし、それらは実際に起きている.
非現実として捉えるから強い印象に残らない.時間が経てば、記憶の中で希釈されていく.
最近では宗教を悪用した国際的なテロ集団が各地で理解を超えた悪行を行っている.
この頃はテレビ、ラジオ、新聞などのメディアよりも、インターネットを媒体として素早く尚且つリアルに情報が舞い込んでくる.
これらの情報を誰でも見知ることができる点は非常に特異的だ.
また、その情報を吟味なしに慎みなしに他人に吐き出すことも可能だ.
テロ集団に捉えられた邦人が犯行グループによって殺害されたことは耳に新しい.
信じがたいことにグループは犯行の様子と犠牲になった邦人のご遺体をネット上に晒した.
これを閲覧した人も多いだろうが、敢えて開かなかった人も多いと思う.
ましてや、子供の目には入れないほうが良い情報だった.
その画像を、学校の教師が担当クラスの子供達(小学5年生)に観せたしというから驚いた.
これもまた理解の範囲を超えた行為といえるだろう.

2020.03.31 Tuesday

スポンサーサイト


08:59 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top