元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ペンタックスがフルサイズDSLRをリリースか?! | TOP | 日本に比べてアメリカは飛んでもなく危険な国 >>

2016.03.14 Monday

ペンタックス、フルサイズ出す

JUGEMテーマ:デジタルカメラ


ペンタックスがフルサイズDSLRを発表!

このブログにフルサイズの噂を投稿したのが昨年の8月.
やっとメーカーからの正式発表が出た.
待ちに待ったペンタックスのフルサイズだ.

噂では
36メガピクセルCMOS(ローパスフィルターレス)、画素ずらしアリ?、ISO100-102,400、手ぶれ補正、ダストリムーバル、GPS、星野撮影、視野率100%、SAFOX XI、測距点27、8.6万画素RGB測光センサー、新たな液晶
実際は
センサーは予想通り、画素ずらし(リアルレゾリューション)アリ、ISOが204,800まで、

手ぶれ補正が5軸補正、
ローパスセレクター、
視野100%だが倍率0.7倍、フォーカシングスクリーン非交換式、
AFはSAFOX12で32ポイント(中央25点はクロス)TTL位相差、AF微調整(一律、個別20本まで)、ライブビュー・コントラストAF、タッチスクリーンは無い
シャッター速度1/8000まで、シンクロ1/200、シャッターユニット30万回試験済み、
GPS、アストロトレーサー、自動水平補正、無線LAN、
マグネシウムボディ、重量1キロ!、モニターはフレキシブルチルト

フルサイズ第1号機はistDが小型軽量だったのに対して大型重量級
みんなの希望を盛り込むとこうなるのか?
ボディの値段はメーカー直販サイトで28万円
小売店で25万ほど


また、フルサイズのミラーレスは開発されていないようだ.
したがって、ペンタックスが売りの小型軽量は今後出る2号3号機に期待ということか.


アンケートでペンタックスが好まれている理由として
小型軽量、高コストパーフォーマンス、防塵防滴、操作性、個性的で魅力的なレンズの五つがある.
また、ペンタックスに求められるものとして
豊富なレンズ群、AF性能、ボディの機能や性能、広告宣伝、早い新製品開発が挙げられている.

今後の課題として、小型軽量、開発スピードが重要である.

2020.03.31 Tuesday

スポンサーサイト


12:21 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top