元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 販売台数は安全性能を反映しない | TOP | 省エネ車の道は遠い >>

2017.12.12 Tuesday

どこまでつけあがる北朝鮮?

先週末、6度目の核実験を強行した

今更ながらであるが、今度やったらと各国首脳は言っていたが

どうするわけでもなく、ただ叫いているだけ

やることは決まっていたはず

ならば、それを粛々と実行すべきだ

手をこまねいていては、相手の思うツボ

石油の禁輸といっても、北朝の民が困るだけでしょう

北朝には付かず離れずロシアと中国が付いている

ロシアと中国はアメリカに対して話し合い解決を促す

裏返せば、もちろん軍事制裁はとんでもない話で、経済制裁すら手心を加えよ、刺激するなと言っている

一方、北朝に対してはミサイル開発、原子力兵器は良くないと表面的に批判するだけ

北朝はどこまでやったらアメリカが手を出すか様子を見ている

今や、原子爆弾、そして水素爆弾と開発に成功し、それらを打ち上げるロケットミサイルまで完成した

あとは両者を合体させて飛ばすだけだ

ミサイルに搭載した弾頭を目的地点に正確に落とせるか

大気圏突入時は相当な衝撃と温度等で一時的に外部から制御できなくなる

たとえ、うまく落ちても正確に爆発するかどうか危惧される

そうなると、一発どこかでやってみる必要があるでしょう

原子爆弾の代わりに同じくらいの重さの火薬を搭載して模擬攻撃

これがうまく爆発すれば可也の確度で使い物になる

あとやるとしたら、日本海上(400-500キロ上空)で核爆発させてみることだ

爆発したポイントから半径千数百キロで電磁パルスの影響が出ることを確認する

アメリカはロシアと中国が怖くて手が出せないでいるが、もう猶予はない

伸るか反るかのところに来ていると思う

北朝のやっていることを受け入れてしまうか

つまり、北朝のABC兵器保有を認めちゃうか

受け入れられないなら軍事的解決を行うしかない

そのことをロシアと中国にきちんと認めさせるのが大統領の仕事だろう

あちらが核実験に踏み切る前に、おおよそのスケジュールは立てておくべきで(中露には事前に通知)

世間がしのごのいう前に実行するべきだった

おそらく、米国は本土、DCやNYを核攻撃可能なシステムを構築する直前まで手を出さない

海外に出かけて種々のテロ攻撃を仕掛けてくる団体ならすぐさまやるだろう

此の期に及んで、日韓に武器を買わせて儲けようと目論んでいる大統領には呆れて物が言えない

そんなもの、日韓が買わなくても米が直接使えばいいだけのことだ

せめて、中露からの石油パイプラインを破壊したり、トンネルをバンカーバスターで潰したり、鉱山や発電設備を破壊したりしても良さそうなもんだが

中露が怖くてできないんだなこれも

結局、日米韓は打つ手なし、北朝の勝ち


ABC兵器保有禁止と米露のような超核武装国が言っても何にも説得力がない

北朝の言い分の方が理にかなっている

日本や韓国にしたって米国の核の傘下に守られている国は言う資格がない

世の中に資格がある国はどれだけあるんだろうか?

中露が米に「話し合い解決、平和解決」を促しているが、これも全く説得力がない

直ぐに軍事行動をとる最右翼の両国だから

正面切って軍事行動起こせないんだったら、特殊部隊を送り込んで隠密裏に行動起こすしかない

日本は・・・日本は何もできない

やるとしたら、首相単身で相手国に乗り込んで談判する

これは結構効果的だろうが、米韓が嫌がるだろうね

第一本人がビビってできないでしょう

中国との国境付近を逃げ回っているらしいが、演説では強気

世界最強の核大国になるんだそうです

トランプさんが何か言い返しそうだね

2020.03.31 Tuesday

スポンサーサイト


18:41 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top