元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 平和のための人柱、ウラン転換=核兵器製造 | TOP | 芸術の秋 in 横浜 >>

2020.04.24 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2005.11.18 Friday

鳥インフルエンザいろいろ

11/18午後
ベトナムで新たな鳥インフルエンザウイルス発見
 いわゆる高病原性鳥インフルエンザウイルスとして恐れられているのはH5N1型であるが、H3N4およびH4N5型がトリから分離された。これらの亜型のウイルスはトリに対して致死的な感染を起こすが、H5N1型よりは病原性が弱い。ヒトへの感染性は不明であるが、新しい亜型とH5N1型が同じトリに同時感染して遺伝子の組み換えが起こりH5N4、H5N5、H3N5、H3N1、H4N4、H4,N1などの亜型が発生する可能性がある。

中国では流行の監視及び対応を強化
 中国北西部に位置する新疆(しんきょう)の複数の養鶏場から送られてきたサンプルに高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1が検出されたことを受けて、流行が起こった地域に隣接する養鶏場のニワトリ30万羽余りが殺処分され、鶏肉マーケットも閉鎖された。この地域では更なる拡大を防ぐためワクチン、防護服、消毒薬などを準備した。
 中国東部に位置する安徽(あんき)省でも流行が確認され、家禽約13万羽が殺処分された。
中国南西部に位置する広西族自治区(旧広西省)ではハイリスクグループ(高齢者、小児、医療従事車、養鶏業者など)へのワクチン接種を開始した。

インドネシア政府、トリの処分に苦慮
 東南アジアでは個々の家で少数のニワトリを飼育することが一般的で、総数は数億羽ともいわれている。インドネシアではこのような「裏庭養鶏」への対応に苦慮している。禁止して全て殺処分すべきか、全てにワクチンを接種すべきか。先進国の経済支援があれば、経済的補償して全てを処分することができる。

ルーマニアの鳥インフルエンザ
 Caraormanで死亡したトリからインフルエンザウイルスが分離された。先週に近隣地区でも家禽の大量死が報告されている。また、多数のハクチョウも死亡している。

2020.04.24 Friday

スポンサーサイト


18:21 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

鳥インフルエンザの恐怖ヒイィィィ!!(゚ロ゚ノ)ノ 鶏肉が消える日…
鳥インフルエンザが ヤバイですヒイィィィ!!(゚ロ゚ノ)ノ このまま対応が遅れれば サーズの二の舞になりそうです(>_人から人への感染する という可能性もあるらしいですね… それに11月18日の公式発表では これまでに全世界で 130人が感染
(頑張れ!食生活〜こんな食生活でも元気です(^^)〜 2005/11/19 6:41 AM)

▲top