元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ホンダはどんな会社 | TOP | 電池自動車の弱点 >>

2018.08.08 Wednesday

まだまだ先のことですが

自動車が全て電気のみで走るようになったら何が心配か?

そう、ガソリンや軽油といった燃料が不要になる

燃料は天然資源の石油を精製してガソリンや軽油が作り出されている

沸騰点の違いによって液化石油ガス、揮発油(ガソリン)、軽油・灯油・ディーゼル、重油、アスファルトが生成する

もし、自動車が燃料を使わなくなったらガソリンやディーゼル燃料が溢れることになる

そうすると石油精製のコスト及び原油のコストが他の製品に分散することになる

さらにガソリンスタンドで支払う料金に含まれるガソリン税や石油税による国や自治体の収入がなくなる

自動車はコンセントからの電気もしくは水素ガスで走るようになるので電力や水素ガスに新たな税金が課せられるようになるかもしれない

2019.07.15 Monday

スポンサーサイト


17:53 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://dengue-4.jugem.jp/trackback/928

トラックバック

▲top