仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
大学のサーバーにホームページを設置しておりましたが、更新の頻度を早めるために一部移設しました。
一般の方々に研究内容を紹介していきたいと思います。
ご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。
●ご意見、問い合わせなどはメールもしくはカテゴリ「皆様のコメント」をご利用下さい。
●「日本脳炎、デング熱、西ナイル熱の血清学的診断」をクリックすると「簡単な説明」や「検査の受託」の情報を知ることが出来ます。
●「西ナイルウイルスについて」をクリックすると、西ナイル熱の記述が有ります。
●「食べるワクチン」をクリックすると将来のワクチンの話があります。
●堅い話ばかりだとつまらないので、「写真のページ」を追加しました。コメント可能です。

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 改正労働者派遣法の是非 | TOP | 日本の恥 >>

2018.08.17 Friday

唯一無二の車

第二次世界大戦のヨーロッパ戦線を舞台にしたテレビ戦争ドラマ”コンバット”は昨年亡くなった母親が大好きで欠かさず観ていた記憶がある

というより、日本中の人々が好んで観ていた人気番組

アメリカという国にコテンパンにやられたのに”コンバット”?

ドイツ軍じゃなくて連合軍応援する敗戦国民どうよ?

というのが本題ではない

ドラマでしょっちゅう出てくるジープ、かっこよかった

僕らの親たちは進駐軍が敗戦で焼け野原になった日本を走り回る車両として馴染みがあった

子供も大人もみんな憧れていた内心は

軍用車両だけど当時日本の荒廃した山道を走るはたらくくるまとして一定の需要があった

それで、日本も作ったジープ

敗戦後、自衛隊の前身”警察予備隊”が自動車メーカーに小型トラックの製造を要請する

入札に応じたのはトヨタ、日産、三菱で、米国ジープをライセンス生産する三菱が落札するに至る

その後改組して発足した自衛隊にもジープを納入し続けた

しかし、時代が進むにつれ排ガス規制や衝突安全性などの観点から新しい車両の採用が望まれた

1996には2代目三菱パジェロを後継機として採用、1998にジープの生産は終了した

戦後復興、発展の波に乗った各自動車メーカーは独自のオフローダーを開発生産販売するに至る

例えば、トヨタのランクル

警察予備隊の入札では三菱のライセンス生産ジープに敗れたものの、国家地方警察のパトカーとして採用され生産を続行

名称をトヨタジープBJ型としていたが、ジープの商標権に触れるため改名

イギリスのランドローバー(陸の海賊)に対して、これをやっつける巡洋艦(クルーザー)をもじってランドクルーザーと命名、現在に至る

三菱のパジェロ

同社の2ドアピックアップトラック”フォルテ”をベースに四駆・SUV化したのがパジェロ、このパワートレーンをキャブオーバー・ワンボックスカしたのがデリカスターワゴン4WDとなる

1982に誕生

エンジンは2.3Lディーゼル、同ターボ付き、2Lガソリン、同ターボ付きが搭載され、出力は75馬力から145馬力まで

足回りは4輪独立懸架

駆動系はFR基本の4WD

パジェロはダカールラリーで数多くの優勝を勝ち取ってる

1991に2代目、99年に3代目、2006には4代目を出しているが5代目は今の所出ていない

日産

警察予備隊に入札する際に開発された4W60(A型エンジン3.67L)が発端

三菱に敗れ、民需の道を歩む

1955に4W61(B型エンジン)、1958に4W65型(C型エンジン4L)、59年に4W66(P型)と改良版を出す

1960にランドローバー似のスタイルに変更(2代目60型)

消防用車両としても改造された(60型ファイヤーパトロール)

1980には3代目160型(サファリ)、1987に4代目Y60(2代目サファリ)、1997に5代目Y61型(3代目サファリ)、2010には6代目(Y62型)が登場

軽自動車・小型車のオフローダー

かつて三菱パジェロを模して三菱パジェロミニが生産されていたが今は廃盤となっている

スズキ自動車はパジェロミニより早く、1970に軽自動車で初めて本格的オフローダーを販売している

スズキ・ジムニーである

本格的オフローダーなので乗用車的乗り心地は全く期待できないがマニアからは根強い人気を受けている

最近フルモデルチェンジを果たし、小型車のオフローダー・シエラも発表した

終戦からオフローダー生産してきた三社には成し得なかった唯一無二のオフローダーである

想像するに一般道を気持ちよく走る車ではない

ただし、一般車が入れない領域に入れる本格的オフローダーである

残念なことに小型オフローダーのシェラはあくまでも軽ジムニーの流用版

例えば乗車定員は4名のままだし、3ドアで5ドアはない

ロングボディやピックアップ版もあってもよかった





アメリカ軍はヨーロッパ戦線でドイツ軍のオフロード車オフロード車”キューベルワーゲン”の機動力に悩まされ、米国車産業に対抗車両の生産を依頼して要請に応じたアメリカン・バンタム、ウィリス・オーバーランド、そしてフォードによって開発されたのが”ジープ”だ

要求内容は厳しく、車両重量585kg、ホイールベース2030mm、トレッド1190mmをそれぞれ下回るサイズで、重機関銃を搭載することが可能な四輪駆動車

アメリカン・バンタムが何と一月余りで仕上げたプロトタイプは1トン近いものだったという

ほぼ同じ設計の最終盤を三者がそれぞれ生産した

ウィリス車が生産したジープのスペック

Weight 2,453 lb (1,113 kg) incl. liquids and fuel
2,337 lb (1,060 kg) dry weight
Length 132 1⁄4 in (3.36 m)
Width 62 in (1.57 m)
Height overall, top up: 69 3⁄4 in (1.77 m)
reducible to 52 in (1.32 m)

Engine 134 cu in (2.2 l) Inline 4 Willys L134 "Go Devil"
60 hp (45 kW; 61 PS)
Power/weight 49 hp/ST (54.0 hp/t)
Payload capacity 800 lb (360 kg)
Transmission 3 spd. x 2 range trf. case
Suspension Live axles on leaf springs front and rear
Ground clearance 8 3⁄4 in (22 cm)
Fuel capacity 15 US gal (12.5 imp gal; 56.8 L)
Operational
range
300 mi (482.8 km)
Speed 65 mph (105 km/h)

サイズ的には日本の”5ナンバー”

エンジンは2.2Lもあるのに60馬力のトルクが14キログラムと非力

それでも、登坂能力は30度以上の坂を登れ、オールシーズン、砂、荒地走行可能のオフローダー

第二次世界大戦を勝利に導いたとも言われる所以だ



2018.11.13 Tuesday

スポンサーサイト


18:39 | - | - | -

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://dengue-4.jugem.jp/trackback/932

トラックバック

▲top