元仮設ウイルス学研究室

ようこそ、シマナイチャーのホームページへ
2019.4をもちまして大学を退官いたしました
大学のサーバーにホームページを移設しました
一部専門的内容を含みますが、日常の一般的内容にシフトしています

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2012.09.28 Friday

新しいMacBookAirを使い始めて

使い始めて一週間になろうとしている

とにかく快適だ

しかし、納得いかない点も幾つか

まず、当初からボディの変更が行われていない

NECが世界で最も軽薄なノートパソコンをリリースした

13インチディスプレイで900グラムを切るという驚愕のシェイプアップだ

マックは何をしているのか

本体に繋がるケーブルがまだ二本残っている点

電源ケーブルとディスプレイケーブル(Thunderboltケーブル)だ

これを無くさなくてどうする

AppleTVという訳の判らないものやAirPlayというのもあるようだが、もうちょっとシンプルにできないのか

電源も無接点の方式でやれないのか

続きを読む >>
2012.09.28 Friday

いよいよフルワイヤレスの時代か

最近のパソコンは周辺機器との接続にケーブルを使わなくなってきている.

ペーパーレスの時代の走りで、たまにしか使わなくなったプリンタだけど、いちいちケーブルで繋いでおかなくてもLANやWiFi、ブルートゥースなどでケーブル接続が必要なくなった.
プレゼンや講義で使う液晶プロジェクターもワイヤレス接続.
今、私のパソコンに繋がっているケーブルはモニターケーブルと電源ケーブルの二本.
キーボードとマウスはワイヤレス接続だ.
CDやDVDなども他のPCなどの装置をWiFiで借りる事ができる.

さて、残り二本のケーブルをどうやって無くするか.

将来、モニターはワイヤレス接続するのが常識となるだろう.

残りは電源である.

最近、電磁誘導のような原理で装置へ電力を送る技術が一般化しつつあり、大電力を要しないPCや携帯端末などへの応用は間近だと想定される.

最近、事務用品のコクヨがそんな希望を叶えてくれる製品を試作した

原理的には大した事ないので、前から予測していたが、机という大掛かりな形で実現しそうだ.

将来は大きめのマウスパッドのようなもので一般化するだろう.

そのパッドにノートパソコンや携帯端末を載せておけば、電力をワイヤレスで供給する訳だ.

さらに将来は家の車庫や道路などに埋め込まれて電気自動車への電力供給が行われる.

2012.09.13 Thursday

大山鳴動して。。。。

ネズミ一匹というところか

9/12に開催されたアップルの発表会では新しいiPhoneとiPod touch、iPod nanoが発表されるにとどまった

iPad miniやMacBookPro13", iMacなどの新型は言葉の端も出なかった

アップルはパソコンから撤退するのかね


本心、スマートフォンなんてどうでもいいんだけど

2012.09.04 Tuesday

やっとこさ買い替えMac

もう何年になるのだろうか?
ずっと使い続けてきた白いMacBook
この一、二年は仕事で使う度に遅さを感じながらも騙し騙し使ってきた
外付けのディスプレイで見辛さをカバーしてきたが、それも息子にとられ、本体のディスプレイで我慢し続けてきたこの一年間.涙々

ある時、会議で余所の人が持っているMacBookAir(MBA)を見て衝撃を受けた.

これが、これからのノートパソコンのあるべき姿

私のは古すぎる

早速、MacのHpで確認すると、機能が低すぎる事が判明

なーんや、単に軽薄なだけやないか、中身が伴っておらん

そして2012夏、満を持してMBAはリニュアされた

こんどは私の要求の幾つかを満たすバージョンアップや

早速、MBA11-inch, Mid 2012を発注した




続きを読む >>
2012.07.12 Thursday

バイバイMac

アップルの次期OS、マウンテンライオンがリリースされるが、古いMacにはインストール出来ないらしい。

基本的に、ライオンかSnow Leopard(10.6x)がインストールされていること。

それでも、古い機種にはインストール出来ないケースがあり、自分のMacの型式を確認しておいたほうが良い。

OSが古いと何もかもができなくなる。特にネット関係。スタンドアローンで使う分には問題ない。

古いMacはアップルから見捨てられたんですね。

S&G風にバイバイ♪Mac♫

ハロー♫ロンリネス♫



2012.07.04 Wednesday

アップル敗れる

最薄、最軽量のノートブックはMacBook Air(MBA)だと思っていたが、このたび日本のメーカーが厚さ、重量ともに王座を奪った。

性能面では同等だが、13型画面で何と875グラムまで軽量化したノートパソコンをNECが発表したのだ。

13型MBAは475グラムも重い1.35キログラムであるから、Airの名前は返上して単なるMacBookに成り下がることになるだろう。11型モデルですら1.08キログラムだからどうしようもない。

電池をケチったかというと、そうではなく8時間近く持つ(Macは5-7時間)。電源アダプタもコンパクト軽量。値段はMBAとトントン。

MacOSが走るならこれに決定だが。


2012.06.12 Tuesday

新しいアップル

2012.6のアップル発表会WWDC2012が開催され、新しい変更点や今後の流れが紹介された.

パソコンとしては

予想通り、MBPとMBAが共に新CPUに変わった


予想通り、MBPは17インチモデルが無くなり、13と15インチモデルだけになった.が、予想に反してデザインがそのまま.

CPUは13インチモデルでi5かi7のデュアルコア.
15インチモデルではi7のクアッドコアとなっている.
メモリは4もしくは8GB.
ストレージは機種によって異なるが、0.5-1TBまでのHDDか128-512GBまでのSSDが選べる.
入出力端子は変更無し.
サイズ、重さ変更無し.

加えて、MBPは予想されていた新デザインモデルが投入された.
光学ドライブを省いた薄型軽量モデルだ.
つまり、旧デザインと軽薄デザインの二枚舌、いや二枚看板で行くらしい、MBPは....


今回は15インチモデルのみの投入となったが、厚みが1.8cmで重さが2キロ強で、旧デザインの13インチモデルと同等だ.ということは、将来リリースされるであろう軽薄13インチMBPは1.5キロ位か?

CPUはi7のクアッドコアのみ.
ストレージは256-768GBまでのSSD.
入出力端子はサンダーボルトx2、USBx2、HDMI、カードスロット、電源(新形状)が各1
ファイヤーワイヤーとイーサネットが省かれた.
一番の変更点はディスプレイでレチーナに変わった
製造元はLGらしい。

一方、MBAは外観は変更なしで、CPUが新i5もしくは新i7のデュアルコアで、オプションで2GHzの新i7に変更可.
ストレージはオプションで最大512GBまでののSSDにイクスパンド.
メモリは4か8GBを選択可.
サイズ、重量ともに変更無し.
電池持続時間は11インチモデルが5、13インチが7時間まで.
端子類も変更ないが、電源が新形状で旧アダプタは使用不可.(アダプタで使用可)

ノートブックPCはざっと見渡すと、今後は光学ドライブ付きのMBPが無くなり、13インチの軽薄MBPが追加されるのかと思われた.

さらに将来はMBAにもレチーナディスプレイが採用されると思われる.

ノートパソコンに対してディスクトップは新モデルはオアズケとなった.

iMacは昨年の5月に新モデルが出て400日以上音沙汰無し.今秋にでもドカンと出るかな.

Mac miniもしかり.

あまり関係ないけど、Mac Proは若干の変更点があったとかなかったとか.来年辺り大きく変わるか?


結局、希望通りの改新ではなかったが、MBAのストレージとメモリのマックスが使えるところまで拡大されたので、

MBP11インチモデルに、2GHzの新i7、512のSSDと8ギガのメモリを奢って、ディスクトップにディスプレイとワイアレスキーボードとマウスで妥協するか?

秋にはソコソコの新iMacを自宅に入れる.



2012.05.29 Tuesday

新MacBook ProとAirが見えて来た

黙っていても新しい機種は6月11日のWWDCで発表され、購入出来る訳だが、そこは人情というもので、誰しもが早く知りたがる.

流れてきた新しいMBPのレンダリングを見ると、まあ想像だから想像のの範囲内で、予想通りの装備だ.重さは定かではないが、光学ドライブが省かれて、おそらくSSDに置き換えられた分は軽くなっている筈だ.

レチナディスプレイ
ガラスキー
13か15型のスクリーン
厚みは0.5-1.9cm
3.0USB
キーボードとスクリーン周りは白か黒を選択

おとなしいモデルチェンジだね

内部の変更点は未だ不明

レンダリングじゃない早く本当の情報を知りたい


続きを読む >>
2011.11.30 Wednesday

iPhoneのハナシはもう聞きたくない

巷はiPhoneの話題ばかりでうんざりだ.とはいえ、400万台以上も売れ、まだ売れ続けている.日本ではドコモで契約しているユーザーが蚊帳の外で指をくわえている.ドコモは7万5千流出、其れらは何処に流入したのか?



続きを読む >>
2011.10.26 Wednesday

電子メールが無くなる

e-mailが将来は無くなる、使われなくなるという予測がある.

いつの間にか、ジャンクメールでメールボックスが溢れ返り、仕分けに取られる時間がもったいない.

一応、迷惑メールフィルターをかけているが、ジャンクが受信ボックスに、重要が迷惑メールボックスに入っている事も少なくない.

ジャンクを送るヤツはアドレス、件名などを巧みに素早く変えて送ってくる.

世の中に蔓延るジャンクがもたらす時間の無駄を積算すれば天文学的な数字になるだろう.

もうこれは犯罪だ.反社会的行為だ.ネット環境に一生アクセスできないようにして欲しいものだ.

しかも、重要なメールも受信者にとってはストレスになることもあるかもしれない.

どんな人からの、どんな用件のメールも届いてしまう一方的さが負担になるのだ.

開けたくないメールを放置しておくと、送信者からの嫌な催促が色んな形で舞い込む.

便利だけれど、人間的ではない仕組みだ.

其のメールが公からはずれるというのは喜ばしい.

▲top